テリー伊藤が語る、アジア大会・日本勢のメダルラッシュ

テリー伊藤がニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(8月20日放送)に出演し、18日(土)に開幕したアジア大会2018にて、各競技で日本勢がメダルラッシュに沸いていることについて語った。

競泳では、女子100メートル平泳ぎで、鈴木聡美選手が日本勢で今大会最初の金メダルを獲得。男子200メートルバタフライでは瀬戸大也選手が金メダル、また、女子400メートルリレーでは、池江璃花子選手、酒井夏海選手、青木智美選手、五十嵐千尋選手の4人で臨み、日本新記録で中国に勝って24年ぶりとなる金メダルを獲得した。

このメダルラッシュについて「普段、オリンピックで活躍している選手が、規模の小さいアジア大会でメダル獲得することは当然、と思うのは大きな間違いだ」とテリーは語る。「あと2年すれば東京オリンピック。今回のアジア大会は勢いをつけて望まなければ失敗する。」と主張。年々減っている日本のアジア大会での金メダル獲得数が今回増えることを期待すると語って、この話題を締めくくった。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

関連記事(外部サイト)