イチロー「人望がない」発言を女優・中村メイコが「人望がありすぎるスターの宿命」と解説

ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(3月22日放送)では、3月21日に、イチロー選手が現役を引退したことを受けて、記者会見場で取材していたニッポン放送の洗川雄司アナウンサーが会見の様子を解説した。

「米大リーグ」 イチローが現役引退  記者会見するマリナーズのイチロー外野手と集まった報道陣=22日未明、東京都内のホテル 提供共同通信

 

今回は引退会見だったが、暗い雰囲気になることはなく、会見の終盤の午前1時ごろになると、「お腹すいてきた」と笑いを誘うなど、終始明るい雰囲気で行われたようだ。

また、イチロー選手が2002年にオールスターゲームに出場した際に取材をしたことがあるという洗川アナ。「当時はかなりの完璧主義者でした」とエピソードを語った。イチロー選手がテレビカメラでのインタビューに応じた際に、コメントを噛んでしまったという。すると、自らカメラを止めて「もう一度させて欲しい」と撮り直しを要求したそうだ。

「ところが、昨日は当時と全く違う表情でした」

とその様子を語る洗川アナ。その心境の変化を表すように記者会見でイチロー選手は、

「ある時までは自分のためにプレーすることがチームのためになるし、見てくれる人も喜んでくれるかなと思っていたんですけど、ニューヨークに行った後ぐらいからですかね。人に喜んでもらえることが一番の喜びに変わってきた」

と明かしていた。またイチロー選手は今後“監督”をする可能性はあるか問われると、きっぱりと否定。

「人望がないんです。本当に。人望がないんですよ僕」

この日、ゲストの女優・中村メイコはこのコメントを受けて

「人望がないっていうのは、あまりにも人望がありすぎて、おっかなくて誰も近寄れないんです」

これまで芸歴83年で数々の芸能界のスターと接してきた中村メイコ。野球界のスター、イチロー選手にその姿を重ねて

「スターってそういうものでしょう?(本人はチームメートと)垣根は作ってないと思うんですけど、自然とそういうものができちゃう」

と自身の経験から、その見解を示した。

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

関連記事(外部サイト)