大谷翔平が打席でサングラスをかけるほど苦手なものとは?

ベースボールコメンテーター・アキ猪瀬が、ニッポン放送「草野満代夕暮れWONDER4」(7月29日放送)に出演、エンゼルスの大谷翔平選手についての現状を分析した。

写真提供:共同通信社

草野:(28日に)後半戦初となる7月7日以来、60打席ぶりの第15号のホームランが出ました

アキ猪瀬:15本目のホームランは、相手投手が弱点を突こうとして甘くなった球をすくい上げました。弱点でもある、追い込まれてから低めのボールからストライクになる球も適応出来てきていると思います。気になるのはきょうの試合、打席でサングラスをつけたことです。大谷君はデーゲームが苦手です。調べてみると、デーゲームで2割5分以下、ナイターでは3割5分以上となっています。デーゲームのボールが見にくいんだと思います

草野:大谷選手はスランプを克服できそうですか?

アキ猪瀬:本人もしっかり自覚していて適応しているので打てるでしょう。心配ないです。日本人最高であるシーズン最多の31本の松井秀喜さんにどれだけ近づけるか楽しみです

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

関連記事(外部サイト)