東海大学ソーラーカーチームが世界最大級のソーラーカーレースに参戦!

9月3日(火)東海大学湘南キャンパスにおいて、東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチーム(東海大学ソーラーカーチーム)が、今年10月13日(日)から20日(日)にかけてオーストラリアのダーウィンとアデレート間(約3,000キロ)を総走行時間で競う世界最大級のソーラーカーレース「2019ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」への参戦を発表した。

この大会には、3連覇中のデルフト工科大学(オランダ)をはじめ、ミシガン大学・スタンフォード大学(ともにアメリカ)、ほか、地元オーストラリア・中国・マレーシア・イギリス・スウェーデン・スイスなど世界から23ケ国(地域)47チームがエントリーしている。メインクラスとなるチャレンジャークラスには29チームが参加、日本からは東海大学の他、工学院大学・名古屋工業大学・呉港高等学校が参戦を表明している。

ソーラーカーの実用化を夢に世界の代表が競い合う、未来へのチャレンジを応援したい。

「2019ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」とは

太陽光のみを動力源として、オーストラリア北部の都市「ダーウィン」から南部の「アデレード」までの総延長約3,000kmを総走行時間で競うソーラーカーレース。1987年から開催され、今回で15回目となる同大会には、3連覇中のオランダ・デルフト工科大学をはじめ、トゥウェンテ大学(オランダ)、ミシガン大学(アメリカ)、スタンフォード大学(アメリカ)など世界の23の国と地域から47チームがエントリー。(メインクラスとなるチャレンジャークラスは29チーム)

東海大学は、2009年と2011年に2連覇を達成し、2013年は2位、2015年は3位、2017年には4位という成績を残している。2019年はチャレンジャークラスにエントリーし、国内からは、工学院大学、名古屋工業大学、呉港高等学校が参戦を表明している。

開催日程:2019年10月13日(日)〜20日(日) 〔予選:10月12日(土)、表彰式、10月20日(日)〕
会場:オーストラリア連邦 ダーウィン〜アデレード(3,000km)

関連記事(外部サイト)