平野早矢香が解説 東京五輪・卓球日本代表の選考は“荒れる”!?

ロンドン五輪卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香が、東京オリンピックの卓球日本代表争いについて解説した。

ニッポン放送「夕暮れWONDER4」に元卓球選手の平野早矢香が生出演。2020年の東京オリンピックへ向けた日本の卓球の情勢について語った。

まず、世界からみた現在の日本の“卓球のレベル”について「以前は中国が強かったが、いまの日本でもじゅうぶん戦える」と、格段に強くなっていると話す平野。

つづいて、気になる東京オリンピックの日本代表選考争いについての話題に。五輪代表入りの条件は、2020 年1 月発表の世界ランキング日本人上位2 名が推薦されるシステム。2019年8月度の世界ランクをみると、日本人選手の上位は7位 伊藤美誠選手、8位 石川佳純選手、9位 平野美宇選手の3名(なお9月度も同様)。このうち2名が代表入り濃厚ということなのか。

「国際大会などの成績がランキングに反映されていくんですが、現在、発表されている世界ランキングは、去年の大会の成績を含めたものです。ですが、来年になると、去年の成績分のポイントは消えてしまうので、多少、順位に変動があるかもしれません」

こう予測する平野。では、どの選手の順位が変わってしまうのか。

「現在8位の石川選手は、去年好調だったので、その成績が反映されていますが、来年になると、去年の分のポイントが消えて、9位になってしまう可能性もあります。いま、選手が考えていることは、9月〜12月までの大会で、いくらポイントを稼ぐことができるのか、というのが重要なポイントです。」

最後に東京オリンピックの卓球競技で日本代表がメダルを狙えるかを訊いた。

「卓球のどの競技でも、十分狙える可能性があると思います!」

草野満代 夕暮れWONDER4(9月17日放送分より)
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

関連記事(外部サイト)