元プロ卓球選手・四元奈生美〜小学生の卓球のレベルは中国よりも上

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、元プロ卓球選手でスポーツウェアデザイナーの四元奈生美が出演。日本のジュニア選手の強さについて語った。

女子シングルス2回戦、荻原直子(JR北海道)と対戦する個性的なユニホームを着た四元奈生美(東京アート)(東京体育館)=2010年1月14日 写真提供:時事通信

黒木)今週のゲストは元プロ卓球選手でスポーツウェアデザイナーの四元奈生美さんです。選手の育成に関しては、どのように考えていらっしゃいますか?

四元)いまのジュニアのレベルは本当に高いです。いまの小学校1〜2年生は、中国の小学校1〜2年生よりも強いのです。

黒木)日本の方が!

四元)サービス力では、小学校1〜2年生のレベルは遥かに中国を超えています。巻き込みサーブという、ボールの右側を擦りながら変化を出すサーブがありますが、私は22歳を超えてから覚えました。そのサーブをうちの息子もやりますし、1〜2年生が普通に出します。サービス力1つとっても、昔とはレベルが違う状況になっています。

黒木)あとはメンタルでしょうか。

四元)そうですね。いまの小学生たちは「オリンピックで金メダル」とみんなが言います。目標がはっきりしていて、すごいなと感心しています。

黒木)でも、子どもたちが夢を見られるようになったのも、四元さんたちが頑張って来たからではないですか。

四元)少しは貢献できていたら嬉しいのですが、張本くんや伊藤美誠ちゃんなどの若い選手が、大人を倒して全日本チャンピオンを取っているので、何年後かに自分もそうなれるかもしれないということなのです。

黒木)レベルアップして進化しましたよね。

四元)技術もどんどん新しいものが出ています。チキータとか。

黒木)チキータ?

四元)チキータは、チキータバナナというバナナの名前が由来で、バナナのように曲がる曲線を描いて、相手のコースに返すものです。

黒木)ボールの周りを回すように擦って、向こうに押し出しているわけですか。これを1つやるにも難しいですよね。

四元)難しいです。私の時代はなかったので、1回もやったことがありません。でもいまの若い選手はレシーブからチキータ、とにかくレシーブから攻める。チキータ返しとか。「何だ、チキータ返しって!」と思いながら。私もやってみたい!

黒木)中国が世界1位ですが、日本はだいたいどれくらいですか?

四元)女子は中国の次ですね。中国にもかなり接近しています。

黒木)日本男子の選手もすごいではないですか。

四元)そうですね。日本、韓国、ドイツが中国に接近していますね。日本は若い力や意外性です。新しいことをオリンピックの舞台で出せれば、精神的には中国も崩れる可能性はあります。中国は国技なので勝たなければいけない、というプレッシャーが強いと思うのですよね。だから、意外性が重要だと思います。

ニッポン放送「あさナビ」

四元奈生美(よつもと・なおみ)/元プロ卓球選手・ウェアデザイナー

■1978年。東京都立川市出身。
■4歳から卓球を始め、数多くの大会で優勝。
■2001年4月、大学卒業と同時にプロに転向。
■2004年には中国超級リーグに参戦。北京チームに所属。北京チームの超級クラスでは外国人初の所属選手となり、総合優勝に貢献。
■2007年の全日本選手権で「誕生」をイメージしたユニフォームで出場。
■卓球を華やかなイメージにし、メジャーな競技にしたいという思いから、自らのウェアデザインを始める。「革命」「喜怒哀楽」「希望」等、様々なテーマで衣装デザインを手掛け大会に出場、卓球界のジャンヌ・ダルクと呼ばれる。
■2008年に全日本選手権・混合ダブルスで準優勝。
■2009年〜2011年までは、自身のスキルアップの為、東京モード学園へ。2010年には、中国・広州で行われた国際卓球連盟主催プロツアー大会にて、自身のファッションショーを開催。
■2011年に結婚・出産後、2013年1月の全日本選手権に出場。
■2014年、自身のブランド「Final Winner」を立ち上げ、卓球ウェアなどのデザイン・プロデュースを手掛けている。
■現在はコメンテーター&スポーツウェアデザイナー、ママプレーヤーとして活動。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(11月14日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

関連記事(外部サイト)