武尊「今年結婚したいと思う」私生活&那須川選手を語る

武尊「今年結婚したいと思う」私生活&那須川選手を語る

武尊「今年結婚したいと思う」私生活&那須川選手を語るの画像

立ち技格闘技「K-1」のエース・武尊(29)。3月28日のレオナ・ペタス(28)戦もKO勝利を飾り、戦績41戦40勝1敗(24KO)だ。本誌が彼に、格闘技のことだけでなく、あまり他では語らないプライベートまで聞くと、真摯に、そしてユーモアを交えて答えてくれた。知られざる素顔の一部始終ーー。

ーーK-1を象徴する代表と言われていますが、それ故のプレッシャーはありますか?

「そうですね。プレッシャーはもちろんあります。K-1を背負っているっていうのがあるので、負けはもはや、自分だけの負けじゃなくなっています。だから試合前はめちゃくちゃキツいですね。

昔は試合が楽しくて仕方なかったんです。人前で目立てる! かっこいいところを見せられるという楽しみしかなかったのが、ここ5、6年くらいは恐怖しかないというか……。試合前もですけど、1年中、恐怖と戦っている感じです。

練習するのも仕事するのも全部恐怖から逃げるためにやっている感覚です。強くならないと負けという恐怖とか、自分が負けた時の周りの反応を考えちゃったり、今いる立場が崩れたらどうなるのか考えながら一年中やっています。

この前の試合はタイトルマッチでしたし、次にビックマッチを僕はやりたいと思っていて、それに向けて一回でも負けたら僕は引退すると決めていたので負けられない戦いでしたね。試合前2、3週間は不眠症になりました」

ーーどのように気持ちを保っているのでしょうか。

「もうなんか耐えるって感じですね。いつもこれでやってきたというのもありますし、耐えて耐えてこんだけキツい思いしてるファイターは他にいないだろうという、自分の中で優越感ではないけど、こんだけ苦しい思いしているから絶対負けるわけないという自信だけで耐えていました」

ーー今まで印象に残った試合は?

「2年前にタイの選手でムエタイのチャンピオン(ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー)と戦った試合ですね。僕はタイに修行に行ったこともあるんですけど、そのときに出た試合でキックボクシング始めてから初めて負けたんですよね。そこの頂点にいる選手が自分の中では雲の上のような存在だったので、K-1チャンピオンとして、ムエタイのチャンピオンを倒せたというのは僕の中で一つ目標を達成した感じですね」

■「僕は休日をつくらない主義なんです」

ーー武尊選手といえば、素敵な髪色とファッションが印象的ですが、こだわりはあるのでしょうか。

「髪はデビューからずっと金髪にしています。金は、金メダル=1番の色っていうイメージがあるので、その色を体に身につけておくことで一番になれるというジンクスをチャンピオンになる前から守っています。その象徴が金髪です。

美容院は全部で4カ所行っています。トリートメント専用の美容院、カット専用、ブリーチが上手いところ、あとカラーが上手なところにも行きます。髪の痛みが気になるので1週間に1回はトリートメントに行っています」

ーーファッションへのこだわりはありますか?

「私服は、若い頃は明るい色とかいっぱい着てたんですけど、普段は黒色が多くてシンプルで形が少し変わっているデザインが好きです。僕のブランド(UPD’T)があるんですけど。パーカーなども世界で一つだけの型を作ってから、デザインしています。人と被るのが嫌いなので、ブランド物とかはあまり着ないですね」

ーーテレビ番組をはじめ、YouTubeでもご活躍されていますが休日はありますか?

「僕は休日を作らない主義なんです。仕事か練習を絶対に入れていて、空いてても何か予定を入れちゃいます。仕事やK-1や格闘技を広めることができるなら、空いているときに何かしら活動しますね。

格闘家って他のスポーツに比べても現役生活が短いし怪我もしやすいスポーツなので、1日1日を無駄にできないというか。ここ数年なんですけど、1日の重みを感じていて時間が過ぎるのが早い感覚があって。焦りじゃないですけど、やれることを全部やろうというふうに変わってきています」

ーー1日だけオフがあるなら?

「そーですね〜。海外に行きたいかな。ロスが大好きで、ロスにいると天気がいいし海も綺麗でめちゃくちゃメンタルもリフレッシュするんで。1日じゃ無理ですけど(笑)」

■「ワンオクのTakaさんとは毎日会ってます(笑)」

ーー最近ハマっていることはありますか?

「ずっと音楽が好きで、中学生のときはバンドやっていてギターをやっていました。今も毎日家で寝る前とかギター弾きますし、最近ピアノも初めたんです。1年前くらいに電子ドラムセットを買ったので、ドラムもやりたいですね」

ーーいちばん仲の良い芸能人って誰ですか。

「最近はワンオクのTakaさんですね。試合終わってからほぼ毎日会っていますね(笑)。昨日も夜ご飯一緒に食べました。お兄ちゃんみたいな感じですね。基本はご飯いくことが多いですが、コロナでお店が閉まる時間が早いのでTakaさんの家に行って家で喋ったりダラダラしています。

最近、2人でハマっているのが散歩です。この前、2人で恵比寿〜代官山を2、3時間散歩しました。試合終わって、半日空いた日があったので、Takaさんと酵素浴に行って、散歩してカフェでスムージー飲んで、アサイーボール食べて、また散歩行って夜は焼き鳥食べました。女子会みたいなことしていますね(笑)。銀座で買い物とかもしますよ」

ーーズバリ今、恋愛はしてますか?

「もう3年くらい恋愛をしていないんですけど、今年結婚したいと思っています(笑)。結婚が今年のテーマなんですよ。今本当にいなくて募集中なんで、むしろこの記事を見て、応募してほしいです。独身女性の方のご連絡お待ちしております!」

ーー好きな女性のタイプは?

「やっぱり家庭的な人が良くて、ご飯は絶対作ってほしいです。僕、怒鳴られるのが一番嫌なんで、怒鳴らない人。ガーっと怒らない人がいいです。今までは喧嘩しちゃうこともあって……。そう言えばこの前、偶然、昔の彼女に出くわしたんですよ(笑)。あまり思い出したくなかったので会いたくはなかったんですけどね」

■「3人兄弟っていいな、と思います」

ーー子ども好きとのこと。将来何人ぐらい欲しいですか?

「僕は3人兄弟だったので、3人兄弟っていいなーと思います。最初は女の子、次は男の子、その後はどちらでも良いです。あくまで僕の知り合いの話ですけど、“お兄ちゃんがいる妹はやんちゃになっちゃう”ようです(笑)。僕はお姉ちゃんが面倒見良くて、僕は優しく育ったんで、一番上は女の子がいい。あ、ここは書いておいて下さいね(笑)」

ーー武尊選手も過去にはやんちゃだったようですが?

「そういうパターンもあります。でも、結果的には優しくなったんで(笑)。優しさのあるやんちゃということで」

ーー試合前の減量方法を教えていただけますか?

「食事制限は一年中していますね。あとは遺伝子検査っていうのがあって、何で太るかを調べます。僕は脂質で太るタイプだったんで、普段から揚げ物とかお肉の油とか一切取らないようにしていて。糖質も小麦がダメだったんで玄米を毎日食べるように。基本的にはあまり体重の変動はしないです。あとは運動ですかね。試合前とは関係なく、格闘技の練習以外にランニングは毎日1時間はやります」

ーー女性におすすめの減量方法はありますか?

「女性は男性より筋肉が少なくて、男性より代謝が低いので代謝を上げるのが効果的かなと思います。毎日湯船に浸かるとか、冷たい飲み物を飲まないとか。僕も基本氷入りの飲みものは絶対飲まないです。毎朝温かいお湯とかお茶を飲むと1日の代謝が上がるので、体を温めること一番優先に考えてもらってプラス筋肉をつける、運動することが一番効果的かなって思います」

ーー好きな食べ物は?

「ダントツでカレーですね。中目黒にあるスリランカ料理屋さん『セイロン・イン』のカレーが特に好きで。スリランカのカレーってインドカレーよりヘルシーなんですよね。油が少なくて野菜の旨味で出汁をとっていてグルテンも使っていなくて。そこで昨年、スパイスを勉強しにスリランカのお父さんに弟子入りしてカレーの修行をしたんですよ。K-1をしながら夜はカレー屋さんで修行してスパイスカレーを作りました。

そのときに僕が開発した『武尊ククルマスカレー』というのがあるんです。ククルマスっていうのがスリランカの言葉で鶏のカレーって意味で、油を使わずに、鶏肉の皮もつけていなくて材料も野菜とスパイス20何種類を調合して作ったので減量中にも食べられるカレーなんです。これを食べると2、3日体が温まるんです、少し辛いのですが、辛いの好きな人にはおすすめです。店でメニュー化されたんで、店に行ったら食べられますよ」

■「試合前には必ず鰻と鰻の肝焼きと食べます」

ーー嫌いなものは?

「食べられないというかアレルギーなのは牡蠣です。昔、海に潜って自分でとって食べ続けたらアレルギーになっちゃったんです(笑)匂いだけでも吐いちゃうんです」

ーー試合前の勝負メシは?

「デビュー戦前からそうなんですけど、計量終わって試合前に絶対食べるのが、鰻と鰻の肝焼きです。鰻が全ての食材の中で一番栄養価が高いというのを聞いたことがあって、必ず食べています」

ーーレオナ選手との試合後に最初に食べた勝利メシは?

「試合の日は毎回、アドレナリンが出すぎて吐き気で何も食べられないんですけど、次の日にTakaさんにお寿司を連れて行ってもらって食べました。お寿司も好きなんですよ」

ーー尊敬する人物はいらっしゃいますか

「お父さんですかね。お父さんは結構寡黙な方なんですけど、ふざけるときはふざけますし、そういうところもいいなって思う。あと仕事のグチとかを家で一回も言ったことないんですよ。僕は『もう疲れた〜』とか『いやだ〜』って言っちゃうんですけど、お父さんが言っているところを見たことないんでかっこいいなと思います」

ーー将来は自分のお父さんのような父親なりたい?

「あ〜、でもそうはならないかなって。僕、なんでも口に出ちゃうんで(笑)」

ーー階級問わず、今後戦いたい相手は?

「すごいみんなが期待してくれている那須川天心選手との試合はやりたいなとは思ってて。これをやらないと、立ち技の格闘技をやり切ったことにはならないと思うので!」

ーーいつくらいに那須川天心選手との試合の可能性はありますか?

「団体の問題とかがあって数年できなかったのもあるので、昨年から話を詰めていってやっと僕が向こうの会場に行けるくらいまで話が詰まってきて。那須川選手もK-1の会場にも来て、やっと繋がってきたという感じなので、もうちょっとかなという感じですね。年内にはやりたいなとは思いますね」

ーーあと3カ月ほどで30歳を迎えますが、今後挑戦したいことはありますか?

「立ち技格闘技で那須川選手に勝ったら、少しゆっくりして、将来的には海外の格闘技にも挑戦したいと思います」

関連記事(外部サイト)

×