羽生結弦「お説教ばかりしていた」最初の恩師明かすやんちゃすぎる幼少期

羽生結弦「お説教ばかりしていた」最初の恩師明かすやんちゃすぎる幼少期

羽生結弦「お説教ばかりしていた」最初の恩師明かすやんちゃすぎる幼少期の画像

「最初からすごかったんです。4歳のコだったら普通は怖がるから、ハイハイさせながらリンクに入れて、それから立たせて、という段階を踏みます。でも結弦は、スケート靴を履いて走ったままリンクに飛び込み、ワ〜ッと真ん中ぐらいまで走っていったんですよ」

羽生結弦(26)が初めてリンクに入った日のことを、こう話すのはフィギュアスケートコーチの山田真実さん(47)。山田さんは、4歳から小学2年生まで羽生を指導。羽生にとってフィギュア人生“最初の師”だ。

現在、北海道で子供たちの指導に当たっている山田さんだが、かつては仙台のリンクで教えていた。そのときスケート教室に通っていた姉と一緒に、いつも母に連れられてやってきたのが4歳の羽生だった。リンクの周りを元気に走り回る羽生を見て、山田さんがスケート教室に誘ったのだ。羽生の“初滑り”のときの様子をこう続ける。

「案の定、滑って転びましたけど、私が『大丈夫?』って駆け寄ったらケロッとした顔で立ち上がり、また走っていっちゃったんです。そういうコはいなかったので“なんだ、このコは”と驚きました」

才能の片鱗を感じさせる一方、やんちゃさには手を焼いたそうだ。

「お説教ばかりしてました(笑)。『止まりなさい!』『話を聞きなさい!』って。とにかく自由に滑りたかったんですよ、彼は。誰かに何かを言われるのが嫌だったんです。自分はスケートをこう楽しみたいという意思があったのに、私が“あれやれこれやれ”と言ってしまって。私が厳しくしすぎていたので、ご両親に“やめたい”と言ったときもあったようです」

それでもスケートを続けた羽生はメキメキと上達したという。

「運動のセンスがすごくて、たいして練習もしていないのに見てすぐに吸収してできちゃったりするんです。普通は簡単にできない1回転半ジャンプも“やってごらん”って軽い気持ちで言ったら、たった1回で成功。漫画みたいな出来事ですよ。天才です」

■「足が痛いんだもん」とコーチにウソを…

いまのずば抜けた表現力の原点を感じさせるこんなエピソードも。

「私が指示したことをちゃんとやったか聞くと『やった』と。『やってないでしょ』と責めたら『だって、足が痛いんだもん』なんてウソを言って、痛くて痛くてしょうがないみたいなフリをするんですよ(笑)。今考えるとかわいいですよね、当時は腹が立ちましたけど(笑)。でもそんな演技力が今、いい方向に生きていると思います」

山田さんとの出会いがなければ今の羽生はいないのではないか。そう問いかけると、「そんなことはない」と首を振る。

「ターニングポイントは都築先生です。そこは絶対だと思います」

羽生が小学2年生のとき、山田さんは家庭の事情で故郷の北海道へ戻ることに。仙台を離れるときに、自らの恩師であり、名コーチとして知られる都築章一郎さん(83)に自分の生徒たちのために仙台に来てくれるよう頼んだ。

「都築先生に一人一人生徒を紹介したときに、“結弦はたぶん、すごくなる。都築先生が怒鳴ったりすると、このコはやめちゃうから絶対に怒らないでね”と言いました。都築先生は笑ってましたけど、本当に私は念を押しましたね。

厳しい先生ですけれども、トップに導く先生であることも知っていたので、先生のもとで開花するといいなと思って託しました。タイミングもよかったと思います。私のもとだったら花は咲かなかったはず。結弦はいい指導者にどんどん巡り合えたと思います」

関連記事(外部サイト)