羽生結弦 国威発揚の思惑も?中国が北京五輪の現地応援を買って出た理由

羽生結弦 国威発揚の思惑も?中国が北京五輪の現地応援を買って出た理由

羽生結弦 国威発揚の思惑も?中国が北京五輪の現地応援を買って出た理由の画像

《応援行きたかった……》《羽生君の有終の美を飾るオリンピックになるかもしれないのに残念》

来年2月に開催される北京五輪。新型コロナウイルス対策のため海外からの観客を受け入れないことが9月29日、国際オリンピック委員会(IOC)から発表された。その直後からネット上では冒頭のような羽生結弦(26)のファンたちの悲嘆の声が上がっている。

羽生にとっては、3連覇がかかる北京五輪。年齢を考えると、最後の五輪になる可能性も高い。偉業を見届けたいと、現地での応援を希望していたファンには残念な事態だがーー。

「応援に行けないことを嘆きつつも、コロナ禍だから仕方ないと納得しているファンが多いですね。そのうえで気持ちを切り替えて“応援を中国の人に託す”“中国にも羽生ファンがたくさんいるから大丈夫”などという内容の投稿がSNSに数多く見られました」

そう語るスポーツ紙記者は、「さらにこの反応が異例の広がりを見せたのです」と続ける。

「日本のファンたちの声に中国側が即座に反応したんです。まず在日中国大使館がツイッターに《ファンの皆さんの声がこちらにも届きました》などと投稿。さらに中国外務省の華春瑩報道官が、日本語で《羽生結弦選手ファンの皆さまへ「現地応援は中国の皆さんに託す」との声を目にしました。お任せください!》とツイートしたので驚きました。中国の高官まで動くほど、羽生選手の存在感が大きいということです」(前出・スポーツ紙記者)

そもそも北京五輪の日本代表は12月に開催される全日本選手権の結果などを受けて決まる。羽生が五輪に出られるかはまだわからない。にもかかわらず、中国政府から応援のお墨付きをもらい、14億人以上の人口を誇る中国だけにギガ級応援団がバックについたも同然(!?)な状況だ。

今回の中国側の対応について、中国国内事情に詳しいライターの安田峰俊さんは、

「北京五輪を成功させて国威発揚につなげたいという中国当局の思惑も背景にあるのでは。東京五輪についても中国はとても好意的でしたが、自国の五輪を盛り上げるためにしばらくの間スポーツ分野ではえびす顔が続くと思います」

と推測する。また「もともと羽生選手の中国での人気が高い」とも。

「中国でも、今回の件で『羽生結弦粉絲拜托中国観衆(羽生の応援は中国に任せて)』という言葉が検索ホットワードのトップになるほどです。哈牛(ハー・ニュウ)、柚子(ヨウ・ヅ)といった、羽生選手の名前を音訳したあだ名もあります」(安田さん)

■“プーさんシャワー”も中国ファン由来

ある日本の羽生ファンも、中国人のファンたちの熱狂ぶりを目の当たりにしたことがあるという。

「数年前、日本で開かれた羽生選手出演のアイスショーで、隣に座った中国のファンに日本語で声を掛けられたことがあります。友達5人で中国から羽生選手を見に来たという女子大生で『羽生選手が出るショーをたくさん見られるから、日本の人はうらやましい』なんて話していましたよ。

もっと羽生選手のことが知りたくて日本語を勉強したそうで、羽生グッズはどんなものが売っているのかなどいろいろ聞かれました。コロナ前は試合やショーの会場のあちこちで中国語が飛び交っているのを聞きましたね」

中国人にとって、“羽生ラブ♪”のポイントとは? 安田さんによれば、中国のSNSでは「リンクにキスする動作が好き」「スター性があってカッコいい」といった、羽生を好きな理由が挙げられているという。

「王子様のような外見やアスリートとしての素晴らしさ、さらに人間性にも引かれているようです。’17年の世界選手権で、羽生選手と表彰式で並んだ中国人選手が中国国旗を表裏反対に持っていたことがあったんですが、そのとき羽生選手が気づいて直すのを手伝ってあげていたんです。そうした優しい気遣いでも中国人ファンの心をつかんでいるようですよ」(フィギュア関係者)

また、羽生の演技後、客席からぬいぐるみのプーさんがリンクに投げ込まれる“プーさんシャワー”は有名だが、大量に投下されるようになったのは中国から始まったといわれている。

「それまでは数えられるほどだったのが、’14年の中国杯で大量のプーさんが投げ込まれたんです。中国のファンは熱狂的ですからね」

ただ、北京五輪ではその様子は見ることができなさそうだ。

「中国では“プーさん”という言葉は、その姿が似ていると、習近平国家主席を表す隠語として使われていてSNS上などで検閲の対象になっているのです。だから、北京五輪では、羽生選手へのプーさんの投げ込みができないのではと冗談交じりにささやかれていますよ。いずれにせよ北京五輪では、コロナ感染予防対策で、リンクへの投げ込みはぬいぐるみに限らず禁止になるのではないかとは思いますが」(前出・フィギュア関係者)

ちなみに、羽生の最大のライバルであるアメリカ人選手、ネイサン・チェン(22)も中国で人気が高いと、安田さんは言う。

「両親が’80年代にアメリカに移民して成功していることから、中国ではネイサン選手を“典型的な海外中国人エリート家庭の子”と呼ぶ声もあります。中国では華人をひいきする傾向もあるためネイサン選手も応援されるでしょうが、北京五輪では羽生選手を応援する中国人のほうが多いのではないかと思います」

羽生は「応援が力になる」と、ファンが背中を押してくれる心強さを事あるごとに口にしてきた。気の早い話ではあるが、日本からパワーを託された中国ファンの熱い応援を受けて、北京の地に立つ羽生の姿を楽しみにしたい。

関連記事(外部サイト)