「やる気あんのか!」ヤクルト村上に死球の横浜投手へ怒号…ネット上でも中傷相次ぐ“過剰な擁護”

「やる気あんのか!」ヤクルト村上に死球の横浜投手へ怒号…ネット上でも中傷相次ぐ“過剰な擁護”

「やる気あんのか!」ヤクルト村上に死球の横浜投手へ怒号…ネット上でも中傷相次ぐ“過剰な擁護”の画像

東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手(22)が9月12日、横浜DeNAベイスターズ戦でデッドボールを受けるというアクシデントが発生した。ヤクルトの主砲である村上選手。それだけに、大きな波紋を呼んでいる。

事件が起こったのは8回のこと。1死の第4打席で村上選手は、エドウィン・エスコバー選手(30)の投げた155キロのボールが右太腿に直撃。痛みのあまり苦悶の表情を見せると、試合会場の横浜スタジアムは一瞬静まり返ったのち騒然となった。

デッドボールを受けて一塁へと向かった村上選手。しかし、8回裏にはあえなく奥村展征選手(27)と交代することに。「スポニチ・アネックス」によると試合後、高津臣吾監督(53)は「村上は(8回の死球で)相当痛がっていたので替えた。まともに当たっている。(明日以降の出場は)何とも言えない」と語ったという。

「村上選手がデッドボールを受けた際、球場では怒号が飛び交い騒然とする事態に。なかには『やる気あんのか!』とエスコバー選手をなじるヤジも。村上選手への期待が大きい分、辛辣な言葉を投げかけたのかもしれません……」(スポーツ紙記者)

9月9日の広島戦で、村上選手は今シーズン通算53号ホームランを放っており、王貞治氏(82)の持つ日本選手の年間最多ホームラン記録「55本」まであと2本としている村上選手。また現在、打率、ホームラン数、打点すべてトップで、令和初の三冠王も目前にしている。

そんな偉業がかかった村上選手への死球だけに《おいエスコバーふざけるな。日本の宝壊すつもりか?》などエスコバー選手を糾弾する声が。それだけでなく、なかには「死ね」「バカ野郎」と中傷する投稿も相次いでいる。

そのいっぽうで、村上選手を過剰に擁護するあまりエスコバー選手への中傷に対して疑問を覚える声も。Twitterでは、こんな声が上がっている。

《村上が当てられて怒る気持ちもわかるけど,エスコバーに対して誹謗中傷は違うからな。人としての話》
《エスコバーに対する誹謗中傷は容赦なく報告させてもらうで 死球は確かにいただけないが、それは村上を特別扱いする理由にはならん》
《結果として当ててしまったことは批判されて然るべきですが死ねとかくたばれとかは批判ではなく中傷ですので…》

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?