歌上手すぎる高安 結婚で続出、婚約者とデュエット求める声

歌上手すぎる高安 結婚で続出、婚約者とデュエット求める声

歌上手すぎる高安 結婚で続出、婚約者とデュエット求める声の画像

大相撲の大関・高安(29)が演歌歌手・杜このみ(30)と婚約したことが10月28日に発表された。各メディアによると2人は今月31日、福岡市内のホテルで会見をするという。大関として、演歌歌手として、共に将来を期待されている2人。ネットではその“お似合いぶり”を祝福するこんな声が上がっている。

《お互い見事いい人を選ばれましたね。直感ですがずっと安泰でしょう》
《地元高安関はもちろんのこと、杜このみさんの大ファンです。横綱と紅白目指し頑張って下さい》
《相撲道と演歌道が交差して最高の夫婦道を歩んでください。おめでとうございます》

高安はこれまで、杜のブログやInstagramにしばしば登場してきた。17年5月に杜はブログでツーショットをアップし、高安についてこう明かしている。

「同い年の高安関 勝手に親近感を覚えている私… 握手して頂いた時の、掌の大きさが私の手の二倍くらいあって…凄いなあ〜…!!! と感激 そして、何と福祉大相撲でご一緒させて頂いた時の事を覚えてくださっていてとても嬉しかったです!!」

さらに同年8月、田子ノ浦部屋の北海道後援会のイベントに参加した杜はブログで「なんと高安関のお隣に座らせて頂き またまた大感激でした…!! 恐れ多くも同学年という事で、お話させて頂きました」と報告。そしてこんなエピソードを明かしていた。

「高安関が『同級生っていうより、妹って感じがするなぁ…!!と一言。『兄さんと呼んで良いですか!』とお聞きしたら、『いいよ〜〜〜』と言って頂きました!!」

当初から仲良しぶりが話題を呼んでいた2人。同年同月、杜がInstagramにツーショットをアップしたところ《このみちゃん女将さんみたい 可愛い女将さん》《このみちゃん〜素敵なツーショットですね》と仲睦じい様子を喜ぶ声が上がっていた。

そんな2人には“歌が好き”という共通点が。演歌歌手である杜は言わずもがな、高安も歌唱力に定評がある。

17年6月、高安と家族ぐるみで親交のある歌手・マリーン(59)は「(高安の)歌はプロより上手かも」と本誌にコメント。さらに各メディアによると高安は、今年2月に開催された「NHK福祉大相撲」でその色気のある渋い歌声をステージで披露。橋幸夫(76)と吉永小百合(74)の楽曲「いつでも夢を」を高安とともにデュエットした岩崎宏美(60)は「相当、上手ですよね。節回しとかもすばらしい」と大絶賛! 高安は思わず「恐縮です」と照れていたという。

そのため、ネットでは夫婦デュエットに期待する声も上がっている。

《高安関も歌が超上手いので夫婦でデュエットとかしてもらいたい。聞きたいな》
《デュエット曲出すオファーなんて既にあったりするかもね》
《来年の福祉相撲は高安と杜このみさんのデュエットで!》

関連記事(外部サイト)