【東京マラソン】日本陸連の瀬古利彦リーダー「日本まだ力足らず」 大迫傑は途中棄権

記事まとめ

  • 東京マラソンが開催も有力選手が上位に絡めず、新たなMGC出場権獲得者も4人のみだった
  • 日本陸連の瀬古利彦リーダーは「日本選手はまだまだ力が足りない」と、総括した
  • 大迫傑(ナイキ)は途中棄権、瀬古氏は「賢明な判断だった」と、MGCでの好走に期待感

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております