フィギュアスケート世界選手権でネーサン・チェンが連覇 羽生結弦2位、宇野昌磨4位

記事まとめ

  • フィギュアスケートの世界選手権最終日、羽生結弦は日本勢最高の2位に入った
  • 羽生はショートプログラム3位で、フリーでは2位となり、合計300.97点をマーク
  • SP首位のネーサン・チェンがフリー1位で大会連覇、宇野昌磨は4位だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております