東京五輪内定第1号は男子シンクロ板飛び込みの寺内健・坂井丞組に 寺内は6度目の五輪

記事まとめ

  • 水泳の世界選手権で、飛び込みの寺内健、坂井丞組が男子シンクロ板飛び込みで7位入賞
  • 全競技を通じて、東京五輪の代表内定1号で、38歳の寺内は6度目の五輪切符をつかんだ
  • 6度目の五輪出場は、夏季では馬術の杉谷泰造(43)に並び最多だが、本人は決戦に決意

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております