世界バド19日に開幕 女子ダブルスは日本勢の争い

世界バド19日に開幕 女子ダブルスは日本勢の争い

金メダル候補に急浮上した永原和可那(左)、松本麻佑組(川口良介撮影)

 バドミントンの世界選手権は19日、スイス・バーゼルで開幕する。東京五輪の出場権をかけて来年4月末まで行われる代表選考「五輪レース」の中でも、格付けが最も高く、各国選手が高ポイントを狙って出場する。日本は全種目でメダル獲得が期待され、特に日本勢がメダルの色を争う女子ダブルスは激戦が必至だ。(久保まりな)

 女子ダブルスは世界ランキングのトップ3を日本のペアが占め、東京五輪に出場できる1国2組の座をめぐって熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げている。

 昨年の前回大会は4組が出場し、4強に3組が入るなど“お家芸”としての底力を見せつけた。初出場だった永原和可那(わかな)、松本麻佑組(北都銀行)は、下馬評を覆して初優勝。現在は世界1位と成長著しい。

 前回は挑戦者、今回は女王と立場は異なるが、永原は「初心を忘れずに、自分たちの力を信じて頑張りたい」と2連覇を目指す。

 世界3位の福島由紀、広田彩(さや)花(か)組(アメリカンベイプ岐阜)は、7月のインドネシア・オープンで優勝するなど安定感が光る。世界選手権は2大会連続で銀メダル。広田は「金メダルを狙いたい気持ちもある。ただ、1つずつ勝ち上がりたい」と冷静だ。

 リオデジャネイロ五輪金の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は現在世界2位につけ、好調をキープ。初優勝を狙う。同8位の田中志穂、米元小春組(北都銀行)は今大会を浮上のきっかけにしたい。

 順当にいけば、高橋・松友組と福島・広田組が準決勝で対戦。その勝者が決勝で、永原・松本組と金メダルを争う可能性は低くない。世界選手権は、4月29日から始まった「五輪レース」前半戦の“山場”。タイトルをつかみ取ったペアが、東京五輪に大きく近づく。

 男子シングルスは世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が大会2連覇を見据える。前回、史上最多となる6個のメダルを獲得した日本代表の朴(パク)柱奉(ジュボン)ヘッドコーチは「全選手が全力で、昨年以上の成績を残せるように頑張りたい」と意気込んでいる。(世界ランキングは13日現在)

      ◇

 ■バドミントンの「五輪レース」 バドミントンの東京五輪出場権は、来年4月30日付の世界ランキングで決まる。ランキングには、今年4月29日から来年4月26日までの国際大会で獲得したポイントが反映され、この1年間は「五輪レース」と呼ばれる。大会ごとにポイントが設定され、最も格付けが高い世界選手権はポイントも高い。

関連記事(外部サイト)