パラトライアスロン、お台場の水質悪化でスイム中止

 2020年東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップ(W杯)は17日、会場となる東京・お台場海浜公園のスイムコースの水質が悪化したとして、スイムを中止してランとバイクを組み合わせた「デュアスロン」に変更して実施。1年後の大会本番に懸念を残した。

 大会実行委員会によると、16日午後1時に実施した水質検査で、大腸菌の数値が国際トライアスロン連合(ITU)が定める上限の2倍を超えた。このため、17日午前3時ごろから開いた会議でスイムの中止を決定した。

 大腸菌などの流入を抑制するため、ポリエステル製の「水中スクリーン」が設置されていたが、直前の台風10号がもたらした降雨とともに海へ流れ込んだ汚水を食い止められなかったことが原因とみられる。

 日本トライアスロン連合の大塚真一郎専務理事は記者会見で「スイム、バイク、ランの競技環境を用意できなかったことは選手に申し訳なく残念だが、フォーマットに従い変更した」と説明。大会組織委員会によると、2020年の本番については、今回は1重だった水中スクリーンを3重にするなどの対策で水質確保を図るという。

 16日までの健常者によるトライアスロンのレースは水質検査に問題はなく、通常通りに実施された。一方、11日に同会場であった水泳オープンウオーターのテスト大会では選手から悪臭を指摘する声が挙がっていた。

関連記事(外部サイト)