網走合宿中のラグビー日本代表、小雨交じりの中で調整

網走合宿中のラグビー日本代表、小雨交じりの中で調整

ディフェンスする堀江翔太(中央)=北海道網走市(山田俊介撮影)

 9月20日に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に向け、北海道網走市で強化合宿中の日本代表は21日、小雨の降る中で約2時間の練習を行い、4大会連続のW杯出場を狙うロックのトンプソン(近鉄)らが精力的に汗を流した。

 実戦形式の練習は、体力強化のメニューを挟みながら40分以上続くハードな内容。SH流(サントリー)は「多分、東京ではこのメニューはできない。これだけのボリュームの練習ができるのはここだから」と冷涼な気候下での濃密な調整に手応えを示した。

関連記事(外部サイト)