瀬古リーダー「無力だ」 マラソン・競歩札幌開催

東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催決定 瀬古利彦プロジェクトリーダーが無念を吐露

記事まとめ

  • 東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催決定を受け、日本陸連強化委員会が東京都内で会見
  • 瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが無念の思いを吐露した
  • 開催地変更に伴い、国際陸連はマラソンや20キロ競歩の男女同日開催を含め日程見直しも

瀬古リーダー「無力だ」 マラソン・競歩札幌開催

瀬古リーダー「無力だ」 マラソン・競歩札幌開催

東京五輪マラソン・競歩開催地変更決定を受けて日本陸連が実施した強化委員会の会見に登壇した瀬古利彦氏=5日午後、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)

 2020年東京五輪マラソン、競歩の札幌開催決定を受け、日本陸連強化委員会が5日、東京都内で会見を開き、瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが「ずっと東京開催で準備してきて、納得できる人は強化や選手の中にはいない。IOC(国際オリンピック委員会)の前では無力だと感じた」と無念の思いを吐露した。

 強化委員会は各所属の監督ら現場の声を日本陸連事務局にあげたが、組織の意見として一本化されることはなかった。瀬古リーダーは、男子マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)が「瀬古さんが代表だったモスクワ五輪のようにボイコットになった訳でないので、僕は幸せです」と語っていたことを明かした。

 開催地変更に伴い、国際陸連はマラソンや20キロ競歩の男女同日開催を含め競技日程の見直しを検討している。瀬古リーダーは「マラソンは五輪の華。最終日にやって、閉会式で表彰式を行うのが望ましい」との私見を披露し、競歩の今村文男五輪強化コーチは「十分、同日で開催可能かなと思う。男女どちらかを夕方にするなど時間配分を考えてもらうのも一つ」との考えを示した。

関連記事(外部サイト)