フェアリージャパン、新プログラム披露「曲調を楽しんでもらえたら」

フェアリージャパン、新プログラム披露「曲調を楽しんでもらえたら」

ボールを持って練習するフェアリージャパン=6日、福岡県宗像市内(久保まりな撮影)

 9月の世界選手権団体総合で44年ぶりの銀メダルを獲得した新体操日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が6日、福岡県宗像市内で合宿を公開し、東京五輪シーズンで使うプログラムを披露した。

 ボールはロック調、フープ・クラブは和のテイストで、主将の杉本早裕吏(さゆり)(トヨタ自動車)は「全部難しい技。いろいろな曲調を楽しんでもらえたら」と話した。

 世界選手権個人総合13位で、東京五輪出場枠を獲得した皆川夏穂(イオン)も参加。1年を振り返り、「出場枠を獲得して達成感があるが、個人的に達成できていない目標もあった。来年の五輪に向けてもっと頑張っていきたい」と気持ちを新たにしていた。練習後は、地元の中高生ら約100人に演技の指導も行った。

関連記事(外部サイト)