伊藤美誠、張本の強打「ブロック」 森薗と混合ダブルス3連覇

全日本選手権、森薗政崇・伊藤美誠組が混合ダブルス3連覇 張本智和・長崎美柚組倒す

記事まとめ

  • 卓球の全日本選手権第4日、混合ダブルス決勝で森薗政崇・伊藤美誠組が3連覇した
  • 2年連続で同じ顔合わせとなった張本智和・長崎美柚組を退け、3年連続3度目の優勝
  • 伊藤はシングルス、ダブルスを合わせた史上初の3年連続3冠に向け、好スタート

伊藤美誠、張本の強打「ブロック」 森薗と混合ダブルス3連覇

伊藤美誠、張本の強打「ブロック」 森薗と混合ダブルス3連覇

全日本卓球選手権混合ダブルス決勝に出場した森薗政崇・伊藤美誠組=丸善インテックアリーナ大阪(松永渉平撮影)

 卓球の全日本選手権第4日は16日、混合ダブルス決勝で森薗政崇(BOBSON)伊藤美誠(スターツ)組が張本智和(木下グループ)長崎美柚(エリートアカデミー)組を3−1で退け、3年連続3度目の優勝を飾った。

     ◇

 2年連続で同じ顔合わせとなった混合ダブルス決勝。伊藤、森薗組は成熟したコンビネーションで張本、長崎組に3−1で競り勝ち、3連覇を飾った。

 男子選手の力強い打球を女子選手が受けるこの種目にあって、随所で光ったのが伊藤の「ブロック」だ。相手の強打を前陣で短く返す技術で、張本の強烈なスマッシュを確実に返球。さらにコースを狙って打ち、張本の次に打つ長崎がラケットにすら当てられない場面も。第4ゲームは2−6から9連続得点し、一気に勝負を決めた。

 東京五輪代表の張本は16歳ながらパワーもあるが、伊藤は日頃から男子大学生らを相手に練習を重ねているから力負けしない。「一本一本、大事なポイントを取れた」と伊藤。森薗も第4ゲーム終盤に攻撃的なレシーブ、チキータの2連続得点で流れを渡さず、張本は「(相手は)2人なのに1人で戦っているようだった」とライバルの息の合った連係プレーに脱帽した。

 伊藤はシングルス、ダブルスを合わせた史上初の3年連続3冠に向けても好スタート。「自信になる」と話す姿には風格も漂った。(岡野祐己)

関連記事(外部サイト)