“遺恨の開幕カード”広島×巨人戦で黄金ルーキーが標的に?

?v?????…?@?L“‡‰?“??L???“?v?@?h?‰?t?g?P???E?¬‰??C“l

 プロ野球ペナントレースは3月29日に開幕。注目は、やはりFA補強と人的補償によって”主力選手の入れ換え”があった広島vs巨人の一戦だろう。巨人入りした丸佳浩、その人的補償で広島に移籍した長野久義。軋轢の生じたチーム同士、巷間言われているような“えげつない”展開が待っているのだろうか。

「巨人投手陣は長野に厳しい攻め方はできないでしょう。全選手から慕われていましたので」(スポーツ紙記者)

 そこで標的にされそうなのが、広島のドライチルーキー・小園海斗というのである。

「小園はオープン戦でも使われ、バットでも結果を出しています。正式発表はまだですが、開幕一軍は確実です」(球界関係者)

 オープン戦では2本塁打と結果を出した。打率は2割3分台だが、プロのスピードに適応できていることで、緒方監督が決断。もともと守備力が評価された選手だが、オープン戦ではこんな声も聞かれた。

「その守備に『弱点』があるんです。小園は強肩で足も速い。そのせいか、ちょっと守備位置が通常の遊撃手よりも後ろにいきがち。首脳陣も注意していたんですが、無意識のうちに後ろに下がってしまうようで…」(同前)

 高校時代は多少後ろ目に守っていても、強肩にモノを言わせてアウトにできたが、プロではそうはいかない。この強肩ゆえの弱点は、小園をチェックした全球団のスカウトも把握していた。
 
 広島首脳陣は、プロの生活になれてきたら修正する方針だったのだろう。しかし、対戦する巨人はそうは見ていない。深すぎる守備位置のクセが直っていないのなら、容赦なくそこを攻めるつもりだ。
 
「弱点を攻められるということは、裏を返せば一人前と認められた証拠」(ベテラン記者)

 セ2強の因縁の開幕カードが、今季のペナントを占うことになりそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)