レアル・久保建英のバジャドリード“期限付き移籍”をファンは支持

久保建英

 スペインの名門レアル・マドリードに所属する日本代表MF久保建英が、同じスペインのバジャドリードへ期限付きで移籍する可能性が高まっている。

 今夏にFC東京を離れ、世界最高のクラブのひとつであるレアルへの加入が実現した久保。同クラブのU-19チームの一員として登録され、当初は3部に相当するリーグを戦うレアル・マドリード・カスティージャ(レアルBチーム)が久保の主戦場になると見られていたが、レアルのトップチーム合宿に帯同し、強化試合での少ない出場時間の中で確かな存在感を見せると、スペインの他クラブが久保に熱視線を送るに至ったようだ。

 スペイン紙「MUNDO DEPORTIVO」は久保の去就に関して、スペイン1部リーグに属するバジャドリードが関心の熱を高めていると報じ、2019-2020シーズンの久保がレアルBチームではなく、バジャドリードで継続的なプレータイムを確保できる可能性についても伝えている。

「バジャドリードといえば、奇しくもレアルBチームの監督を務めるラウール・ゴンザレス氏とかつてレアル・マドリードで2トップのコンビを組んだ元ブラジル代表のロナウドがオーナーを務めるクラブです。もちろん久保がレアルより格下のバジャドリードへレンタル移籍したとしても、いきなりスタメンで出場できるかは未知数ですが、レアルBチームに在籍するよりも実りの多い実戦の経験値を得ることができます。日本のファンも『ロナウドがオーナーっていうのはちょっと嬉しい』『質の高い1部リーグで出場機会に恵まれるのであればそれに越したことはない』『これが本当なら凄く良いと思う』などと反応し、スペイン1部リーグでの久保の活躍に期待しているようです」(スポーツライター)


 所属するレアル・マドリードのBチームか、それとも、格下クラブながらスペイン1部リーグでの継続的なプレータイムの確保を求めるか。久保は今、キャリアの大きなターニングポイントにさしかかっていると言えそうだ。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)