スペインデビュー香川真司の“丸刈り茶髪”に「オラつきすぎ」の声

香川真司がレアル・サラゴサでデビュー 茶髪で丸坊主の新ヘアスタイルは日本で不評

記事まとめ

  • 日本代表・香川真司がスペイン2部のレアル・サラゴサに移籍し、デビューを飾った
  • 移籍を発表したばかりなのに先発出場を果たし、首脳陣からの信頼は厚いという
  • しかし、茶髪で丸坊主の新ヘアスタイルについては「オラついてて嫌」などの声がある

スペインデビュー香川真司の“丸刈り茶髪”に「オラつきすぎ」の声

<a href='/topics/keyword/香川真司/160530000343/'>香川真司</a>

 8月17日、スペイン2部リーグの開幕戦が行われ、サッカー日本代表の香川真司が、新たに所属したレアル・サラゴサでのデビューを飾った。

 香川は8月9日に移籍を発表したばかり。それでも先発出場を果たし、チームの勝利に貢献した。首脳陣からの信頼は厚いようで、サポーターからも受け入れられ、今後の活躍が楽しみだ。

 だが、プレーとは違って、ヘアスタイルの評判は芳しくないようだ。日本のサッカーファンからは「似合わなすぎ」「オラついてて嫌」とのダメ出しも。スペイン2部に移籍するにあたり、香川は髪を茶髪の丸坊主にチェンジ。心機一転、活躍を誓っていた。

「見慣れないというのもありますが、顔がかわいいので、ちぐはぐに見えますね。せめて茶髪はやめて黒髪の坊主ならよかったんですが」(エンタメ誌記者)

 香川によると丸坊主にしたのは人生で初めて。スペインに移籍したら丸刈りにしようと決めていたのだという。サラゴサの入団会見では、丸坊主にした理由を聞かれ「サラゴサが暑すぎたので」と話し、マスコミを笑わせる一幕もあった。

「香川は今季が正念場。夢だったスペインでプレーするため、大幅な年俸減を受け入れました。ここで再起しないと、後はもう選手として坂道を下っていくことになります。その気合が人生初の丸坊主に繋がったのでしょう。不評なのは残念ですが、それも香川らしいといえば香川らしい」(スポーツライター)

 香川真司は現在30歳。周囲の評価をはねのけて、かつての栄光を取り戻してほしいものだ。

関連記事(外部サイト)