宮司愛海アナが「捕らえられた宇宙人」呼ばわりされたインスタの悲劇

宮司愛海

 フジテレビの宮司愛海といえば、ショートヘアが似合う美人アナ。決して身長は高くないが、早稲田大学在学中は全国の大学・専門学校サークルの看板美女の日本一を決定する「ミスサークルコンテスト2010」でグランプリを受賞するなど、類稀なる美貌の持ち主だ。その宮司アナが、インスタグラムで一部のフォロワーから小バカにされるという、不思議な現象が起きている。

 宮司アナは「S-PARK」「村上信五∞情熱の鼓動」(いずれも同局系)などのスポーツ番組でキャスターや進行を務めるなど、フジの“スポーツの顔”として知られている。9月14日から始まった「ワールドカップバレー2019」では、キャスターとして熱戦を伝え奮闘中だ。

 インスタグラムでも、全日本の選手や引退した有名選手との写真を投稿。「ワールドカップバレー2019」を盛り上げているのだが、ときには投稿写真が滑稽に見えてしまうようだ。

「9月14日は、女子の代表選手3名との写真を投稿しました。エース3名との写真でしたから、さすがに身長差がありましたね。宮司アナだけ子供に見えてしまいましたよ。コメント欄でも『身長差ハンパない』『愛海ちゃん、縮んだ』『宮司ちっちゃい』などとイジられていました」(女子アナウォッチャー)

 9月17日には、宮司アナが進行を務めるバラエティ番組「潜在能力テスト」(同局系)にゲスト出演した元バレーボール選手の大山加奈と狩野舞子との写真を投稿。宮司アナが真ん中に立ったのだが……。

「187pの大山と185pの狩野に挟まれて158pの宮司アナとの身長差がより際立ちました。しかも宮司アナの表情がやや伏し目がちで落胆しているようにも見えるため、フォロワーは《どうしても昔の捕獲された宇宙人の写真とかぶってしまう》《連行されるミニ宇宙人》《捕らえられた可愛い宇宙人》などと、まるで宇宙人扱いです」(前出・女子アナウォッチャー)

 かわいさは“ワールドカップ”クラスなので、めげないでほしい。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)