覆面座談会「激動ストーブリーグ」全舞台裏(1)中日・松坂退団の真相

松坂大輔

 10月19日には日本シリーズが開幕する。一方、シーズンを終えたチームはひと足早くストーブリーグに突入した。アサ芸には匿名を条件に球界事情通が集結。「怒り」や「夢」など、さまざまな思惑が交錯する激動の舞台裏を語り尽くした。

A(スポーツ紙デスク) まずは松坂大輔(39)が中日退団を発表したな。表向きは、自分に声をかけてくれた森繁和SD(64)や友利結国際渉外担当(52)が辞めさせられたことを引き合いに「僕もいちゃいけない」と話していたけど‥‥。

B(球界関係者) いや、恩義ある2人の退団が発表されるより以前に、1紙だけが「松坂残留」を報道した際、松坂は中日入団以来、初めて周囲にもわかる形で激怒していた。つまり、2人の去就とは別に、残留か退団かを迷う理由があったってことだよ。

C(パ・リーグ関係者) 知っています。松坂がネックにしているのは伊東勤ヘッドコーチ(57)ですよね。2人は西武時代から因縁があった。伊東ヘッドといえば、松坂がエースの時代、専属捕手は中嶋聡に固定され、監督時代にはメジャーに出ていかれましたからね。

B 状況を整理すると、伊東ヘッドが中日入りしたのは森SDの引きだったけど、最初は監督としての招聘だったと言われている。それが中日本社の意向で、OBの与田(剛・53)が監督、伊東はヘッドとなった。就任当初、伊東ヘッドは「あくまでヘッドだから、監督が決める采配には口を出さない」として、捕手と打撃陣に関してだけ進言する役割だったんだ。

D(NPB関係者) それが投手の案件にも口を出すようになったんですか?

B そのとおりだよ。松坂を2軍から上げようにも、伊東ヘッドが力を見限って「いらねえよ」って。それを知った松坂にとって、ここにいても出番はないということで退団・残留を悩んでいたみたい。

A ああ、結果として森SD、友利国際渉外担当、奈良原浩内野守備走塁コーチ(51)ら、西武人脈がごっそり抜けたけど、伊東ヘッドだけは残ったな。

B その状況では、松坂も出るしかないでしょう。幸いなことに、西武が獲得調査に動いているという話だからね。

C もともと松坂は「西武に戻りたい」と本音を吐露することがあったといいますからね。西武の現体制はコンプライアンスにうるさいですから、前・堤体制の「遺産」とされる松坂獲りに消極的でした。でも2年連続リーグ優勝も歯止めの利かない投壊を食い止めるため、松坂を戦力としてより若手の手本として獲りたいようです。練習の姿勢は見習うべき選手ですからね。球団に西武OBからの働きかけもあったといいます。

─西武・秋山翔吾(31)と広島・菊池涼介(29)が海外FA権を取得しました。

A 秋山は海外FA権を行使するだろう。わざわざイチローの引退試合にチケットを買って見に行ったほどで、メジャー熱は高まるばかりだと聞いている。

B ところが、秋山を欲しがっているメジャー球団はないって話だ。日本人野手の低評価は相変わらず。よっぽど条件を下げれば別だけどね。

A じゃあ、西武残留もあるのか?

C それはないでしょうね。国内移籍も視野に入れています。西武は毎年のように選手が流出しますが、シブチンですからね。特に秋山は金に貪欲で、昨年FAで楽天に移籍した浅村の契約が実は隠れ年俸1位、推定で年6〜7億円、出来高を入れたら9億円という噂を聞いて色めき立っていましたから。

E(ベテラン遊軍記者) 秋山が西武を出たい理由はそれだけじゃないって。西武は「大事なことは常に喫煙室で決まる」って言われてるの。でも、9人のオーダーがいて、吸わないのは秋山ただ1人なんだよ(笑)。それは居心地悪いでしょう。

B 逆に他の選手たちが秋山を「煙たがってる」とも聞いたけどな。ヒーローインタビューで「優勝目前なのにファンが少ない。球団の努力が足りない」みたいなことを平気で言っちゃう。ひと言多いんだよな。

A まあ、退団理由は別として、FA宣言したら国内では争奪戦だろう。

C 巨人にDeNA、そして本命は古巣・西武から次々と選手を強奪している石井一久GM(46)率いる楽天です。パドレスを戦力外となった牧田和久(34)のNPB復帰が濃厚で、もちろん古巣・西武もラブコールを送っていますが、資金力にものを言わせて、これまた楽天が強奪するでしょう。ちなみに昨オフも、巨人に入団した炭谷銀仁朗(32)に対して、楽天は巨人よりも高い金額を提示していたともっぱらです。

関連記事(外部サイト)