いまだオファー無しの本田圭佑に独メディアも「もはや崖っぷち」と同情

元日本代表の本田圭佑は"未所属"続く 独メディアは「もはや崖っぷち」と同情

記事まとめ

  • 元日本代表の本田圭佑が「なぜ誰もオファーをくれない?」と不満をつづっている
  • マンチェスター・ユナイテッドやミランに逆オファーも展開し話題に
  • ドイツの移籍情報専門メディアは「もはや崖っぷちのように思える」とコメント

いまだオファー無しの本田圭佑に独メディアも「もはや崖っぷち」と同情

<a href='/topics/keyword/本田圭佑/160530000334/'>本田圭佑</a>

 元サッカー日本代表MF本田圭佑が10月25日に自身のツイッターアカウントを更新し、“未所属“が続く現状への不満を綴っている。

 本田は「なぜ誰もオファーをくれない? 俺はまだアジアでベストプレーヤーの1人だと確信しているのに」と英語でツイートし、2018-2019シーズンにオーストラリアのメルボルン・ビクトリーを退団して以降、どこからもお呼びの声がかからない状況への違和感を吐露。また、先月には世界屈指の強豪クラブであるイングランドのマンチェスター・ユナイテッドやイタリアの古巣ミランへ“名指し“で契約をアピールする逆オファーも展開し、大きな話題を集めていた。

 また、今回再びツイートされた本田の嘆きについて、ドイツの移籍情報専門メディア「Transfer markt」もいち早く反応し、「職を失ったホンダがなりふり構わず必死だ。今夏より未所属の立場ではあるものの、現時点でどこからもオファーはなく、最近はSNSを駆使して積極的なアピールを続けている。ツイッターを特異な方法で活用しているが、もはや崖っぷちのように思える」と本田の厳しい現実を俯瞰して説明している。

「33歳という年齢はサッカー界では下り坂として考えられてはいますが、本田からすれば名門ミランで背番号10を纏った自負もあり、なぜどのクラブも俺を欲しがらないんだ、というのが本音なのでしょう。しかし、そんな本田の自信とは裏腹にネットからは『何故と言われてもオファーが無いことが回答なのではないでしょうか』『声をかけてくれたら、年俸低くても、格下リーグのクラブでも行くくらいのスタンスじゃないと無理だよ』『これが現状です』というつれない反応が大半です。また、本田が現役のサッカープレーヤーとしてだけでなく、カンボジア代表監督や様々なジャンルのビジネスに手を出し、マルチに活動している現状も他クラブがオファーを渋る原因なのかもしれません。現役プレーヤーなのか、代表監督なのか、ビジネスマンなのか、ハッキリしろ、というのが周囲の感想ではないでしょうか」(スポーツライター)

 強烈な左足のシュートに加え、大舞台や土壇場に滅法強い“持ってる男“本田圭佑。かつての輝きを知る者からすれば、現在のように必死なアピールを繰り返す彼の姿はやや残念にも映ってしまうが、一刻も早く本田自身が納得する契約を締結できることを祈りたい。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)