2019プロ野球「ワーストナイン」(1)20勝宣言した巨人・菅野はガッカリ終戦

菅野智之

 ソフトバンクの3連覇で、2019年のプロ野球は幕を閉じた。各球団は早くも来季に目を向けるが、中には猛省を促したい面々もいる。今季もデータで振り返り、「アサ芸ワーストナイン決定委員会」が今季の「サイテー選手」を選出した。

 投手が投げなければ試合は始まらない、進まない。しかし、投げれば投げるほどチームの士気を下げるエースたちもいたものだ。

 ワースト先発投手に選ばれたのは、なんと巨人の菅野智之(30)である。勝ち星は11勝(昨季15勝)と2桁をクリアはしたが、防御率は3.89(昨季2.14)、被本塁打20(昨季14)。球界最高年俸にしては、今年の数字はがっかり感が漂う。

 巨人OBの角盈男氏は、菅野に愛ある檄を飛ばす。

「叔父である原監督の復帰1年目、ましてや20勝宣言までしたでしょう。彼の場合、他の投手と違って15勝が最低ラインですからね。今年はボールが高かった。楽してるわけじゃないと思うけど、手投げに見えるんですよ。金田(正一)さんがよく言っていた『走れ走れ』を実践してほしいよね」

 ソフトバンクのエース・千賀滉大(26)も「1イニング炎上王」という、ありがたくないタイトルを獲得した。8月17日の西武戦で9点を取られたが、1イニングの大量失点でも続投という采配について、伊原春樹氏が解説する。

「1イニングに5点以上取られたら、ほとんどの監督は代えますよ。代えないのは見せしめ的な意味合いもあるでしょう。中1週間も空けてこれかよ、と。キャッチャーの配球もあるから一概には責められませんが、今年の千賀は時々、大量失点を食らったね」

 5勝12敗、防御率4.57、26被本塁打で投手ワースト三冠王のヤクルト・小川泰弘(29)について、金村義明氏はこう評する。

「ライアンの26被本塁打は狭い神宮球場だからというハンデはあるにせよ、開幕投手ですからね。あの強力打線をバックにしたら、もっと勝たなきゃおかしいでしょう」

 一方、ワースト救援投手となったフランスア(26) =広島= については、金村氏は同情的だ。

「67試合に登板したフランスアの場合は、完全に勤続疲労でしょう。昨年はすばらしかったですけどね」

 フランスアは左腕歴代2位となる158キロという球速記録を持つ。救援失敗6回のドリス(31) = 阪神= に至っては、161キロという阪神史上最速記録保持者でもあるが、2人してこの体たらく。角氏が語る。

「ほとんどの外国人投手は、打たれたとしても『今までこの球で抑えてきたわけだから、打ったあいつがすごい』という考え方。捕手のサインに首を振った場合、自分の得意球しか投げませんから当然、狙われるわけですよ。各球団、データはそろっていますから。直球がどれだけ速くても、それだけでは抑えられません。プロの打者は剛速球を見て、1球目で速さを確認、2球目はタイミングを調整し、3球目で打ち返します。直球プラス超一級の変化球がないと、抑えとしては通用しません。大魔神・佐々木にはストレートとフォークがありましたからね」

 パのワースト救援投手には今季登板なし、昨オフに21年までの3年契約を出来高合わせて総額20億円で結んだサファテ(38)=ソフトバンク=が選ばれた。伊原氏はあきれるばかり。

「年俸5億よ。今年はリハビリだけで、何にも仕事してない。そんなバカな。出場しない場合は契約でペナルティを科せばいいんです」

 外国人選手とは決して複数年契約してはいけないと角氏は断言する。

「3年契約したら絶対アカンよ。契約が切れる3年目しか活躍しないのは目に見えてますからね。そこんとこ外国人選手ははっきりしてる。もちろん、年俸をいっぱい稼ぐのはいいことだと思う。それでプロ野球を目指す若者が増えるんだから。でも、それは働いた場合の話だよ」

 ワーストナインの選考基準には、年俸との兼ね合いも入るのだ。

関連記事(外部サイト)