清原和博「西武コーチ」就任の黒幕(1)社会復帰アピールのイベント

清原

 16年の逮捕以来、野球界と断絶状態だった番長が表舞台に帰ってきた。唐突な監督デビューに「なんでだ?」と疑問が渦巻くが、実は復帰シナリオ≠ェ練られているという。衝撃の展開には、かつて栄光をともに極めた同志の願いがこめられているようなのだ。

 11月7日、自身が監督を務める「World Tryout 2019」の予選会(サーティーフォー保土ヶ谷球場)に清原和博氏(52)が姿を見せた。グラウンドに立ったのは、16年の薬物逮捕以来、約3年半ぶりだ。平日の地方球場だが、約300人のファンが詰めかけ、温かい声援や激励の言葉が飛んだ。

 しかし、同トライアウトに対しては懐疑的な声も上がっている。

 全国紙記者が指摘する。

「NPBを戦力外となった選手のみを対象とする『12球団合同トライアウト』とは別物で、ドラフトで指名漏れした独立リーグの選手や一般公募者も予選に参加できるというもの。本選ではNPBのみならず海外からもスカウトが視察に集まるというのですが、現段階では不明瞭です。あくまで予選会での清原氏は選考員の一人としての参加で、終始バックネット裏から試合を見守るだけでした。30日に神宮球場で開催される本選には、予選会を通過した選手に加えて、外国人選手や元NPB選手も参加予定で、そこでは清原氏が監督を務めるというのですが、その役割が見えてこないんです。采配を振るというのですが、個人のアピールの場でバントなどはさせないでしょうから、サインプレーには期待できません。せいぜい打順を組むことぐらいでしょうから、何のために清原氏が必要なのか‥‥」

 主催者サイドの説明も、どこかぼんやりとしたものばかりで要領を得ない。

 タイミングの悪いことに、この前日には元タレントの田代まさしが法律違反の薬物使用の疑いで逮捕されていた。予選会後の会見でも田代逮捕に関する質問が飛ぶと、

「自分は今、病院の治療と自助グループのミーティングに参加しています。3年半一度も休んだことはありませんし、毎回、尿検査も受けています。日々勉強しながら、薬物に対しては自分なりに必死に頑張っています」

 と、現在も治療中で、かつて球界のスーパースターだった時代とは状況が違うことをみずから認めつつも、更生に向かっていることを強調。事情を知る球界関係者が口を開く。

「要は、このトライアウトは清原氏の社会復帰を世間的にアピールするためのイベントなんです。表には出ていませんが、大手芸能事務所や大物代理人が運営に一枚かんでいるとも聞いています。クスリのみならず、入れ墨まで入れていた清原氏が本当に反省しているかどうかは、黙っていては伝わらない。球界と交わる場を作ることによって、拒否反応があるかどうか世論を探る試金石ですよ。なぜ今か? 来年6月で4年の執行猶予が明けるからです」

 どうやら、球界復帰が具体化してきたということのようだ。

関連記事(外部サイト)