五輪後に「イチローWBC監督」が誕生 2020年の大予言【プロ野球編】

侍ジャパンを世界一に導いた稲葉篤紀監督の評判低調か 五輪後、イチロー氏WBC監督も

記事まとめ

  • 先のプレミア12で侍ジャパンを世界一に導いた稲葉篤紀監督の評判が芳しくないとも
  • 稲葉監督はチームに確固たるビジョンを持たず、五輪で苦戦するとはスポーツ紙デスク
  • 「ポスト稲葉」として09年のWBC第2回大会で稲葉監督とともに戦ったイチロー氏の名も

五輪後に「イチローWBC監督」が誕生 2020年の大予言【プロ野球編】

<a href='/topics/keyword/イチロー/160530000363/'>イチロー</a>

 今季のプロ野球は東京五輪開催により、夏場に中断期間が設けられている。それだけに金メダルは至上命題なのだが、先のプレミア12で侍ジャパンを世界一に導いた稲葉篤紀監督(47)の評判が芳しくないのだ。

「プレミア12は各国ともに最強メンバーをそろえていたわけではありません。正直、偶然にして世界一となりましたが、稲葉監督はチームに確固たるビジョンを持っていないため、五輪では苦戦するでしょう」(スポーツ紙デスク)

 稲葉監督の任期は東京五輪まで。仮に五輪で惨敗し、メダルすら取れなければ後任人事が注目される。翌21年には大一番のWBCが控えているからだ。そして今、「ポスト稲葉」として09年の第2回大会で稲葉監督とともに戦った盟友・イチロー(46)の名が取りざたされているのである。そして、すでに動き出しているとも。

「イチローは学生野球資格回復研修を受講しましたが、その意図がわかりますか。引退会見でも話したように、メジャーが『頭を使わない野球』になっていることを嘆いているんです」(メジャー担当記者)

 要は拝金主義に陥って、「フライボール革命」を肯定する筋肉至上主義。それに伴う禁止薬物の蔓延、さらにはサイン盗みが横行するメジャーの未来を憂いているというのだ。

「そのためイチローは、原点である高校野球で、指導者として自分が考える野球の価値観を確認したいのです。自身の美学が正しいことを証明し、将来的にはメジャーにフィードバックしたいと考えている。その過程においてWBCで『イチロージャパン』として世界を制し、理想的な野球をアピールすることは理にかなっているんです」(メジャー担当記者)

 さて、メジャー入りを目指す巨人・菅野智之(30)のポスティング移籍は今オフにも実現しそうだが、

「山口オーナーは、菅野が入団に際して1年浪人したことを理由に、海外FA権を得るより1年前倒しでの渡米を半ば認める発言をしている。ブラフかもしれませんが、すでに譲渡金や歩合などを含め『総額1000億円用意する』と息巻くスカウトもいます」(スポーツ紙デスク)

 一方でみずからの意思ではなく、球団を追われてしまうだろうというキナ臭い話も飛び出した。昨季はついに1試合のみの登板で0勝に終わった阪神・藤浪晋太郎(25)がシーズン途中に電撃トレードされる可能性もあるというのだ。

「何かを変えなければと、昨オフから藤浪はあらゆるトレーニングに着手。秋季キャンプでは臨時コーチ・山本昌氏に指導を仰いだ。その後、中日選手らと合同自主トレし、自腹でシアトルから専門家を呼んで動作解析などを行った。さらには昨季同様に武豊がプロデュースするジムでトレーニングを積んで春季キャンプ入りする。あらゆることを試してシーズンに入り、何も変わらなかったら‥‥。あと変えるのは環境しかないでしょう。親会社からもそうした声が出ています」(在阪スポーツ紙記者)
 
20年も野球の話題は尽きないようだ。

関連記事(外部サイト)