中日・与田監督が秘かに温める「新人捕手の開幕マスク」

与田監督

 佐々木朗希、奥川恭伸にばかり注目が集まっているが、2020年の新人王は与田ドラゴンズから生まれるかもしれない。

「ドラフト指名後、新人合同自主トレでしっかり体を作ってきて、評価を高めた新人は過去にもいました。でも、試合で評価を高めた選手は初めてでしょう」(地元記者)

 中日ドラフト4位の捕手・郡司裕也(慶応大)のことだ。

「与田剛監督は中京地区のテレビ番組に出演し、郡司のことを褒めていました。一軍昇格なんてレベルではなく、『開幕マスク』の可能性も示唆していたほど」(同前)

 与田監督はドラフト会議後に郡司の評価を“上方修正”している。というのも、ドラフト会議頃は、東京六大学の秋季リーグ戦の真っ只中だった。

「六大学に限らず、大学球児は秋季リーグ戦の最中に指名を受けることになります。そうすると、ドラフト指名された選手にはマークがきつくなり成績を落とすこともままある。プロ入りの夢を叶えた者への負けじ魂や嫉妬もあるのでしょう」(在京球団スカウト)

 ところが郡司は違った。ドラフト指名後、つまり4年生最後の秋季リーグで、本塁打、打点、打率の三冠王に輝き、チームをリーグ優勝、明治神宮大会制覇へと導いたのだ。「キャプテンシーを持った選手」と他球団スカウトも一目置いていたが、指名した中日も「ここまでメンタルが強いとは!」と驚くほどだ。
 
「木下拓哉、加藤匠馬、大野奨太の中日の3捕手は昨季、揃って打撃不振。それもあって指名後に打撃力を高めた郡司の評価はうなぎ上りです。『打てる捕手』として、与田監督、伊東勤ヘッドは郡司を試合で使いながら育てていくのでは」(ベテラン記者)

 春季キャンプでは佐々木朗希、奥川恭伸が報道の主役となるだろうが、中日・郡司裕也の名前も覚えておいたほうがよさそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)