新庄剛志「シンソウ坂上」ではオンエアできない「ビンビン動画」の中身

新庄剛志

 元プロ野球選手で、現在は画家、実業家、モトクロスレーサー、タレントなどさまざまな肩書きを持つ新庄剛志が久しぶりにテレビ出演を果たす。4月16日放送の「直撃!シンソウ坂上SP」(19時57分〜)で、昨年にブチ上げた球界復帰プラン、モデル・大河内志保との離婚の裏話などについて、移住先のバリに渡ったMCの坂上忍に語り明かしたという。

 インドネシアのバリに移住した際は、地上3階の大豪邸に住んでいたという新庄だが、なんと現在は「家賃3万円」の極貧生活を送っているという。詳細については、ぜひ番組をご覧いただきたいが、なぜあれほどのスター選手が金欠状態に陥っているのか。

「阪神タイガースからメジャーに移籍したのが2001年。そこから帰国後、日ハムで3年間プレーしていますが、その6年間で40億円以上を稼いだそうです。しかし、お金の管理をまかせていた知人が、別会社の資金として流用していたため、引退時の銀行残高は2000万円ほどしかなかったことを3年前にバラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で語っています」(テレビ誌ライター)

 今回のテレビ出演も「出稼ぎ感覚」なのだろうか。いずれにしても、日本で再び“天才・新庄剛志”の姿が拝めるとは、阪神時代から見守ってきたファンにはうれしい限り。そこでにわかに注目されるのが新庄の「YouTuber」としてのキャリアだ。新庄は2019年10月に自身のYouTubeチャンネルを開設。これまで幾多の動画をアップしているが、ファンの間で伝説となっている“神動画”があるという。その放送禁止レベルのヤバさとは……。

「自宅で撮影されたと思しき、トレーニングの動画です。再生すると、『Dick Training』の文字が浮かびあがってきますが、 ここで新庄がレッスンするのは、男性のイチモツの機能を高めるためのトレーニング法です。『こんにちは、ブラッド・ピットです』と軽くボケをかまし、『これを5日間やれば朝、ものすごくdickが元気になるというトレーニングを今から行います』と宣言。マシンを使って足に負荷をかけた状態で、内股部分の筋肉を鍛える方法を伝授しています。トレーニング後には、腕を股間のあたりからグイッと上げる“イチモツがビンビン”のジェスチャーを決めて『これを5日間やると、もう朝起きたらヤバいっすよ』とトレーニングの効果をPRしています」(新庄ウォッチャー)

 現役時代はかぶりものやバイクを使った「新庄劇場」で球場のファンをおおいに楽しませた新庄。今回のテレビ出演でにわかに注目を集めたが、現在は「外出自粛」で自宅にこもっているご家庭がほとんど。この放送禁止レベルの「イチモツビンビン動画」が小さな子どもの目に触れないことを祈るばかりだ。

(石川ともこ)

関連記事(外部サイト)