スポーツイベント開催に光明!米インディカー開幕で「脱コロナ」が始まった

写真はイメーシ?

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中のスポーツイベントが中止、もしくは延期に追い込まれている。東京五輪が来年に延期。本来であればリーグ終盤を迎えている欧州のサッカーリーグはストップしたままで、このままリーグが終了する可能性も浮上している。

 日本でもプロ野球、サッカーJリーグなど人気のスポーツが開幕延期を余儀なくされている。

「新型コロナウイルスは世界的に収束の兆しも出始めていますが、スポーツイベントがいつ再開されるのかは不透明なままです。どのスポーツも批判を恐れて、先駆者になるのを避けているようにも見えますね」(スポーツ紙記者)

 そんな中、ついに米インディカーが2020年シーズンを開幕すると5月8日に発表した。6月6日、テキサス・モーター・スピードウェイからシーズンを開幕するという。開幕戦はフリー走行から予選、決勝まで1日で行い、無観客での開催になる。

 参加者全員に健康診断を行い、ソーシャルディスタンスを守るなど、公衆衛生に配慮して開かれる。

「インディカーは世界三大レースの1つ『インディ500マイルレース』を含む、世界的に人気のレースシリーズです。ただ、世界中を転戦するF1と違って、アメリカ国内のサーキットで行われるため、開幕にこぎつけることができたのでしょう。『インディカーが開幕したのなら、うちも』と考える他のスポーツが出てくるはずです」(モータージャーナリスト)

 インディカーの開幕で他のスポーツが開幕、再開すれば、右にならえの精神が根強い日本でもプロ野球やJリーグなどスポーツイベントが開幕されることになりそうだ。新型コロナウイルス対策をしっかりとした上で、ファンのために一刻も早い開幕が待ち望まれている。

※写真はイメージです

関連記事(外部サイト)