女子ゴルフ“黄金世代”のリアル!浪人中の三浦桃香は「男子ツアー出場」へ

三浦桃香

 超大型ルーキー・笹生優花(19)の活躍により、女子ゴルフ界に新たな「新世紀世代」なる新戦力が現れた。これにより「黄金世代」「ミレニアム世代」とぶつかり合う構図に。盛り上がりを見せる女子ゴルフ界のリアルな内幕を探ると……。

 デビューが「新世紀世代」と同じでライバル関係にある「ミレニアム世代」には、アマチュア時代の実力者がひしめいている。

「昨年10月『富士通レディース』でツアー史上7人目のアマチュア優勝を果たした古江彩佳(20)、何度もローアマチュアに輝いている安田祐香(19)、『日本女子アマ』と『日本ジュニア』の同年2冠を達成した吉田優利(20)など『黄金世代』の活躍に触発されて奮起した世代です。アマチュア時代からメディアでも注目されてきました」(スポーツ紙記者)

 それだけ期待値が高い世代なのだろう。開幕する前には企業による「先物買い」が目立っていた。

「アマチュア時代からボールやウエアなどのゴルフ用具を提供してきたメーカーはもちろん、選手を広告塔にしたい大企業から地場企業まで青田刈りを狙っています。特に安田は、デビュー戦を前にNECと所属契約、クレーンのリースを手がける内宮運輸機工とスポンサー契約を結びました」(スポーツ紙記者)

 スポンサー料はベールに包まれているが、シード権を持つプロで年間1500万〜3000万円が相場。しかし、選手の注目度によっては、さらに跳ね上がるケースもある。

「昨年、推定5000万円でリコーと所属契約を交わした河本結(22)のような人気選手の場合、相場以上の金額が用意されることもあります。安田の場合も河本と同等の金額で契約が結ばれているようです。複数年契約を交わしているので、スポンサー契約だけで1億円以上の大金をゲットしているかもしれません」(ゴルフ誌編集者)

 そんな「ミレニアム世代」の道しるべでもある「黄金世代」は、和気あいあいの雰囲気が漂っているようで、

「一時期、一発でプロ入りした89期と浪人組の90期の不仲説もありましたが、今は勝みなみ(22)や『ゴルフ界の水トちゃん』こと淺井咲希(22)が音頭を取り、期をまたいでの飲み会なども開かれたりしています」(スポーツ紙記者)

 とりわけ、89期の勝と90期の臼井麗香(21)は、サシで飲みに行くこともしばしばあるという。

「『焼酎は断然、芋』と豪語する勝と、下戸の臼井のカップリングは少し意外ですが、小祝を含む3人でユニバーサルスタジオに遊びに行くなど、彼女たちはアマチュア時代から親交が深かったんです」(スポーツ紙記者)

「黄金世代」が国内外で活躍を見せる中、苦難の浪人生活を過ごしているのが三浦桃香(21)だ。3年連続でプロテストの壁に阻まれ、受験規定が変更になった国内ツアーの予選会(QT)に参加できないため、今季の身の振り方を心配する声もあったが‥‥。

「7月から放送されている『三浦桃子ゴルフリアリティ』(AbemaTV)で男子プロのキャディやトレーニングをする姿を見せていますし、9月16日に行われる男子下部ツアーに出場予定。次回のプロテストに向けて頑張っています」(ゴルフ誌編集者)

「黄金世代」のビジュアルクイーンの動向は、今後もチェックが必要だ。

関連記事(外部サイト)