ワールドシリーズでも存在感ゼロ!? レイズ筒香に「来季マイナー落ち」の危機

レイズ・筒香嘉智、来季マイナー落ちか レギュラーどころか左の代打2番手の評価

記事まとめ

  • メジャー開幕戦でツーランを放ち、鮮烈なデビューを飾ったレイズの筒香嘉智が苦境に
  • 現段階でレギュラーはおろか、韓国人野手の崔志萬に次ぐ左の代打2番手の評価だという
  • 松井秀喜氏も、ヤンキース1年目は『ゴロキング』と揶揄されるほど適応に時間を要した

ワールドシリーズでも存在感ゼロ!? レイズ筒香に「来季マイナー落ち」の危機

<a href='/topics/keyword/筒香嘉智/160530007888/'>筒香嘉智</a>

 ワールドシリーズも開戦して、いよいよ佳境に入ったメジャーリーグ。前例のない60試合の短縮シーズンでは期待はずれに終わった日本人メジャーリーガーも少なくない。

 10年ぶりのア・リーグ東地区優勝を決めたチームの中で、「路傍の石」扱いを受けているのはレイズの筒香嘉智(28)だ。7月25日(日本時間、以下同)のブルージェイズとのメジャー開幕戦で、あいさつ代わりの強烈なツーランを放ち鮮烈なデビューを飾ったが、シーズンを通してみれば打率1割9分7厘、本塁打8、打点24の体たらく。ポストシーズンでも快音が響くことなくベンチを温める日々を過ごしている。外信部記者が解説する。

「現段階ではレギュラーはおろか、韓国人野手の崔志萬(チェ・ジマン)に次ぐ左の代打2番手の評価です。日本時代から課題にしていた150キロを超える速球やメジャー特有の動くボールに、最後までアジャストできなかった。ド真ん中のボールにさえ空振りする始末で、打つ時のテイクバック幅を小さくするなど試行錯誤しましたが、数字には結びつきませんでした」

 日本が誇る「ハマの大砲」でも、海を渡れば並みいる強打者に押されて中距離バッターに格落ちしてしまうことはやむなしとしても、レギュラーどころか代打としてのチャンスすら乏しい現実は想定外だっただろう。これには、異例の短縮シーズンも少なからず影響しているようだ。スポーツ紙デスクが同情の声を上げる。

「メジャーのボールに慣れる前にシーズンが終わってしまいました。筒香の立ち姿とダブってくる松井秀喜でも、ヤンキース1年目はニューヨークメディアから『ゴロキング』と揶揄されるほど、適応するのに時間がかかりました。例年よりも100試合少ないシーズンで、かつ、キャッシュ監督が重用するツープラトン起用では、左投手が登板するたびにベンチに下げられてしまう。左投手を苦にしない筒香としては、受け入れがたい采配だったことでしょう」

 たまに飛び出す一発や、低打率のわりに四球を選ぶ選球眼のよさを重宝されて、日本では立つことのなかったトップバッターを任される機会にも恵まれた。

「それでも、首脳陣の期待に応える結果を残したとは言いがたい。ニアンダーGMとキャッシュ監督の肝煎りで獲得したとはいえ、レイズは数字を見てシビアに判断する球団です。契約条項によりけりですが、ポストシーズンで評価を覆す活躍ができなければ、来季のマイナー落ちや、最悪クビの可能性も否定できません」(スポーツ紙デスク)

 戦力外寸前でも日本に居場所はないようで‥‥。

「古巣・横浜では、キャプテンと4番レフトを引き継いだ佐野恵太が首位打者と最多安打のタイトルを射程に入れる大車輪の活躍です。今さら戻っても、筒香の居場所はありません。本人としても退路を断つ覚悟で渡米しています。マイナーに落ちた程度で日本に帰るつもりはサラサラないようですけどね」(外信部記者)

 厳しい立場なのは覚悟の上。いまだ存在感を発揮できていないワールドシリーズではシーズン中の評価を覆す逆転打に期待したい。

関連記事(外部サイト)