短縮日程でメジャー日本人投手に明暗!ダルビッシュ躍進の秘密は家族時間に

タ?ルヒ?ッシュ有

 FAの目玉選手として、メジャーのみならず日本球界からも熱い視線を送られながら、ヤンキースの田中将大(31)は、らしくない背信投球を連発した。ポストシーズン初戦となった10月1日のインディアンス戦を5回途中6失点で降板すると、続く8日のレイズ戦でも5回途中5失点でKOされる始末。得意としてきたポストシーズンの大炎上劇で自身の市場価値を大きく落としてしまい、極東部門担当スカウトの間でもヤンキースからの放出話は現実味を帯びてきているようだ。

「ヤンキースは優先的に残留交渉できるQO(クオリファイング・オファー)を田中に提示できますが、約20億円で1年契約を結ぶほどの価値がないと考えています。球団としては、サイ・ヤング賞候補の一人であるバウアーを獲得したい思惑があるようです。それでも6年連続2ケタ勝利を挙げた田中の安定感をチーム首脳陣は手放したくないので、12〜13億円の1年契約というオファーを出す方向で検討しているようです」

 今季の約24億円(推定、以下同)よりも10億円程度のディスカウントとなれば、他球団も黙ってはいない。「週刊アサヒ芸能」(10月15日号)で報じたように、NPBの楽天を含むメジャー他球団との大争奪戦に突入しそうな気配なのである。

「とはいえ、実働10年で要件を満たすメジャー年金の受給資格を得るまで、国内球団への復帰は考えにくい。田中と元アイドルのまい夫人は一般人同然に生活できるニューヨークから動きたくない意向のようです。金額に大差が出なければ、同じニューヨークに拠点を持つメッツが有利に交渉を進めるかもしれません。しかもメッツは、ヘッジファンド界の大物スティーブ・コーエン氏が買収を表明したばかり。11月のオーナー会議での承認が必要ですが、買収話がまとまれば、大型補強の目玉として田中の獲得に動く可能性は高い」(スポーツ紙デスク)

 推定資産146億ドルという大富豪の参入で、田中を巡るマネーゲームに一波乱起きるか。

 そんな田中に負けず劣らずオフの主役になりうる存在なのが、エンゼルスの大谷翔平(26)である。メジャー3年目のシーズンを終えて年俸調停の権利を獲得。今季約7300万円の年俸から大幅アップが見込まれているのだ。

「金額は明らかになっていませんが、日本の最終年の年俸2億7000万円の3〜4倍は固いと言われています。ただ、トミー・ジョン手術明けの今シーズンは投打ともにパッとせず、去年までに積み上げてきたものを台なしにする体たらくでした。それだけに、球団が大谷の将来性をどのように評価するかで金額が大きく上下しそうですよ」(外信部記者)

 年俸の話題にばかりスポットライトが当たるが、その陰に隠れている大谷の困難極まる現実から目を背けるわけにはいかない。なんと、野球人生の岐路に立たされているというのだ。

 元メジャー駐日スカウトも、崖っ縁の現状を心配する。

「6年連続ポストシーズン進出を逃した責任を取る形で、大谷の後見人であるエップラーGMが解任されてしまいました。二刀流に理解を示していたマドン監督も、投げてはケガをして、打っては凡退の大谷の起用に頭を抱えています。日本の大手メディアは大谷のスポンサー企業に忖度してネガティブな話題に蓋をしていますが、現地での二刀流の叩かれっぷりは非常に辛辣なもの。チームの足手まといでしかない現状に大谷本人も悩んでいて、負傷したヒジの負担が少ない打者に専念する考えもあるようです。しかしプロ入り以来、二刀流の調整しかしてこなかった大谷が打者に専念することで、バランスを崩すことが危惧されている。二刀流でなくなることは、選手生命の危機でもあるんです」

 苦戦を強いられた日本人選手の中で、日本人初の最多勝を獲得するなど、キャリアハイさながらの成績を残したカブスのダルビッシュ有(34)は、徹底したコロナ対策が功を奏したようで、

「外食をしている姿を一切見なくなりました。去年までならスーパーマーケット内のフードコートで、家族そろって仲よく天丼を食べていたり、新規オープンのみそラーメン屋さんの行列に並んでいる姿を見かけましたが、今年はステイホームを徹底しているともっぱら。試合後もロッカーやクラブハウスに長居することなく帰宅して、家族時間を過ごしているそうです。15年のアリエータ以来のサイ・ヤング賞候補だけに、地元シカゴでもダルビッシュは神様のような存在ですよ」(外信部記者)

 サイ・ヤング賞候補の日本人はダルビッシュだけではない。ツインズの前田健太(32)もその一人である。

「ダルビッシュかバウアーで競っているナ・リーグと違って、ア・リーグはインディアンスのビーバーの成績が圧倒的ですが、前田の可能性も消えてはいません。突然のトレードは本人にとっても青天の霹靂だったはずですが、ケチくさいGMのいるドジャースから離れたことで大躍進を遂げました。前田の契約は登板数や成績ごとに細かいインセンティブが組み込まれている。わざと未達にするために、シーズン終盤に無理やり中継ぎで起用されることもありました。その窮屈なしがらみから解放されたことで、伸び伸びプレーできています」(極東スカウト)

 災い転じて福となす。イレギュラーへの対応力こそが、異例の短縮シーズンで結果を出す秘訣だったようだ。

関連記事(外部サイト)