韓国左腕の林、T.T彩たまと契約更新 昨季はコロナで来日叶わず

卓球Tリーグ男子・T.T彩たまは27日、林鐘勲(イム・ジョンフン、韓国)と2021-2022シーズンの契約更新で合意したことを発表した。

彩たまが林鐘勲(韓国)と4季目も契約

イムジョンフン(岡山リベッツ)
写真:Tリーグ1stシーズンは岡山リベッツでプレーしていた林鐘勲(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

林鐘勲は1997年1月21日生まれの24歳で最新の世界ランキングでは73位(2021年3月)に位置する。世界ランキング最高位は16位で中国の許マ(シュシン、同2位)や日本の張本智和(同4位)にも勝利経験があり、韓国の次世代エースと目されている。

左腕から繰り出されるパワードライブが持ち味で、Tリーグでは開幕1年目の2018-2019シーズンに岡山リベッツでプレーしていた。

2020-2021シーズン中には13連敗を喫し、最下位に沈んだ彩たまは、坂本竜介監督の続投に加え、神巧也、ピッチフォード、英田理志、松平健太、篠塚大登との契約更新も発表しており、4季目の巻き返しに向け、着々と準備を進めている。

林鐘勲(イムジョンフン) 本人コメント

3rdシーズンはコロナウィルスにより来日、T.T彩たまの一員として試合に出場する事が出来ず大変悔しい思いをしました。4thシーズンは来日、試合に出場し、T.T 彩たまが優勝出来るよう自分自身ベストを尽くしチームに貢献したいと思います!ファンの皆様、チームの皆とお会い出来る事を楽しみにしています。応援よろしくお願い致します。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)

×