カットマン相馬夢乃、日本ペイントマレッツと契約満了 今後は中国電力でプレーへ

卓球Tリーグ女子・日本ペイントマレッツは31日、遊学館高校のカットマン相馬夢乃(そうまゆめの)との契約満了を発表した。なお、相馬は2021年4月より日本卓球リーグ実業団連盟の中国電力卓球部に加入することもあわせて発表された。

カットマン・相馬夢乃が退団

相馬は、遊学館高校でプレーしていた高校生トップクラスのカットマンだ。2018年のインターハイでは、高校1年生ながら学校対抗、シングルス、ダブルスのすべてで表彰台に上がる活躍を見せた。フォア面に表ソフトラバー、バック面に裏ソフトラバーを貼る珍しいプレースタイルを特徴とする。

相馬夢乃(遊学館)
写真:相馬夢乃(遊学館)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグでは1stシーズンから日本ペイントマレッツに所属しており、3季目の成績はダブルスで0勝2敗となっている。今後は、日本卓球リーグでの活躍に注目だ。

相馬夢乃コメント

約3年間、日本ペイントマレッツの一員としてTリーグに出場でき、とてもいい経験をすることができました。

オリンピックや世界選手権で活躍している選手と一緒のチームとして戦えること、そのような方々と試合をすること、普通ならできない経験をたくさんさせていただきました。またどんな時も明るく声援を送ってくださった監督、スタッフの皆さん、ファンの方々には何度も助けてもらいました。本当に感謝しています。

4月からは中国電力に入社し、日本リーグという新しい舞台となりますが、マレッツでの経験を糧に自分らしく頑張りたいと思います。引き続き応援をよろしくお願いします。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)

×