男女2部では大学生が躍動 1部の試合いよいよ始まる<前期日本卓球リーグ見どころ>

<2021年度前期日本卓球リーグ千葉大会 2021年6月23日〜27日>

2021年度前期日本卓球リーグがバルドラール浦安アリーナ(浦安市総合体育館)にて23日開幕する。日本卓球リーグ実業団連盟が主催する日本卓球リーグは、前期と後期の2回、それぞれ総当りで行われるリーグ戦で、1977年から続く歴史ある国内リーグ大会だ。

22日総括

写真:朝日大学卓球部主将の佐藤桂輔(3年)/撮影:ラリーズ編集部
写真:朝日大学の佐藤桂輔(3年)/撮影:ラリーズ編集部

初日となる22日には、男子2部と女子2部の試合が行われた。男子2部では4チームが3勝で並び、残りの日程をかけて1位を目指す。初日終了時点での1位は朝日大学だ。馬渡元樹や?念らの活躍で初日の失マッチ数を2で抑えた。

女子2部ではスポット出場のトプコンと豊田自動織機が3試合を終え2勝1敗で並ぶ。瀬山咲希(トプコン)は単複合計6戦6勝と大車輪の活躍を見せている。

瀬山咲希
写真:瀬山咲希(トプコン)/撮影:ラリーズ編集部

また、2試合を終えて2勝するチーム、1勝1敗のチームと混戦状態になっている。初日終了時点では、神戸松蔭女子学院大学が2試合を終えて失マッチ数がわずか1と、リーグ1位に向けてよい滑り出しとなった。

2日目見どころ

酒井明日翔
写真:酒井明日翔(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

24日は男女2部のリーグ戦を進めるとともに、15時から女子1部、18時には男子1部の試合が始まる。男子1部では、ビッグトーナメント男子シングルス優勝の平野友樹擁する協和キリンや、準優勝の酒井明日翔所属のシチズン時計などが試合に臨む。2部では3勝しているチーム同士の試合が増え、リーグ優勝に向けてさらに競争が激化することが予想される。

女子1部でも昨年度後期リーグで優勝の中国電力や、ビッグトーナメントで活躍していた永尾尭子擁するサンリツなどがリーグ初戦を迎える。女子2部は混戦状態からどのチームが一歩抜け出すか注目だ。

大会2日目:6月24日の試合予定

9:00〜

男子2部
協和発酵バイオ ? 豊田自動織機
原田鋼業 ? 関西卓球アカデミー
信号器材 ? トヨタ自動車
朝日大学 ? 千葉県選抜

女子2部
広島日野自動車 ? 朝日大学

11:15〜

男子2部
原田鋼業 ? トヨタ自動車
信号器材 ? 協和発酵バイオ

女子2部
千葉県選抜 ? オークワ
神戸松蔭女子学院大学 ? トプコン

13:30〜

男子2部
豊田自動織機 ? ケアリッツ・アンド・パートナーズ
関西卓球アカデミー ? 千葉県選抜

女子2部
千葉県選抜 ? 朝日大学
広島日野自動車 ? オークワ
豊田自動織機 ? 神戸松蔭女子学院大学

15:45〜

女子1部
中国電力 ? 百十四銀行
昭和電工マテリアルズ ? サンリツ
十六銀行 ? エクセディ
デンソー ? 愛媛銀行

女子2部
朝日大学 ? トプコン

18:00〜

男子1部
日鉄物流ブレイザーズ ? シチズン時計
協和キリン ? クローバー歯科カスピッズ
愛知工業大学 ? リコー
東京アート ? 日野自動車キングフィッシャーズ

女子2部
広島日野自動車 ? 神戸松蔭女子学院大学
豊田自動織機 ? オークワ

※JR北海道は欠場

今大会はリモートマッチ(無観客)での開催となるが、試合の模様をLabolive(ラボライブ)がインターネット中継で生配信することが決まっている。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)