愛知工業大学が全勝優勝 木造は単複で8勝を挙げる<前期日本卓球リーグ総括>

<2021年度前期日本卓球リーグ千葉大会 2021年6月23日〜27日>

2021年度前期日本卓球リーグがバルドラール浦安アリーナ(浦安市総合体育館)にて23日から開催されている。最終日の27日には男女一部の第6、第7戦が行われ、男子は愛知工業大学、女子は昭和電工マテリアルズが優勝を決めた。

愛知工業大学が全勝優勝

26日終了時点で、男子一部では愛知工業大学が5勝0敗で首位。その後を4勝1敗の東京アート、日鉄物流ブレイザーズ、協和キリンの3チームが追う展開となっていた。

写真:木造勇人(愛知工業大)は龍崎東寅(明治大)との大学生対決
写真:木造勇人(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

第6戦では、その上位4チームによる直接対決が行われ、愛知工業大学は東京アートに、日鉄物流ブレイザーズは協和キリンにそれぞれ勝利。

さらに第7戦では、愛知工業大学と日鉄物流ブレイザーズが直接対決。1番シングルスの田中佑汰(愛知工業大)と2番シングルスの曽根翔(愛知工業大)が共にフルゲームの接戦に勝利すると、田中佑汰/木造勇人ペアのダブルスも勝利を収め、マッチカウント3-0で完勝。愛知工業大学が7戦全勝で、前期日本卓球リーグ男子一部王者に輝いた。

曽根翔
写真:曽根翔/撮影:ラリーズ編集部

また、先日のアジア選手権代表選考会で優勝に輝いた木造は、今大会単複で8勝、東海学生選手権ダブルスで優勝を果たした曽根翔はシングルスで5戦5勝の活躍を見せた。

石川が個人全勝で優勝に貢献

女子一部では、26日終了時点では中国電力と昭和電工マテリアルズが4勝1敗で優勝争いを繰り広げていた。

石川佳純
写真:石川佳純(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部

第6戦では両チーム共に勝利を挙げたが、第7戦では中国電力が十六銀行に0-3で敗れた。

一方、昭和電工マテリアルズは第7戦でデンソーと対戦。1番シングルスでは鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)が中畑夏海(デンソー)に、2番シングルスでは石川佳純が阿部愛莉(デンソー)にそれぞれ3-1で勝利し、ダブルスで平真由香/田口瑛美子(昭和電工マテリアルズ)ペアがストレート勝利。ゲームカウント3-0で勝利し、トータル6勝1敗の成績となった昭和電工マテリアルズが前期日本卓球リーグ女子一部を制した。

また、石川は今大会、百十四銀行戦以外の全6試合に出場して全勝。圧巻の成績を収め、東京五輪に弾みをつけた。

前期日本卓球リーグ千葉大会結果

男子一部

小西海偉
写真:小西海偉(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

1位 愛知工業大学
2位 東京アート
3位 日鉄物流ブレイザーズ
4位 協和キリン
5位 シチズン時計
6位 日野自動車キングフィッシャーズ
7位 クローバー歯科カスピッズ
8位 リコー

女子一部

宋恵佳
写真:宋恵佳/撮影:ラリーズ編集部

1位 昭和電工マテリアルズ
2位 中国電力
3位 エクセディ
4位 十六銀行
5位 サンリツ
6位 百十四銀行
7位 デンソー
8位 愛媛銀行

男子二部

福田修也
写真:福田修也(信号機材)/撮影:ラリーズ編集部

1位 信号機材
2位 朝日大学
3位 関西卓球アカデミー
4位 豊田自動織機
5位 協和発酵バイオ
6位 原田鋼業
7位 トヨタ自動車
8位 ケアリッツ・アンド・パートナーズ
9位 千葉県選抜
10位 JR北海道(※今大会は欠場)

女子二部

清家綾乃
写真:清家綾乃(オークワ)/撮影:ラリーズ編集部

1位 神戸松蔭女子学院大学
2位 オークワ
3位 トプコン
4位 広島日野自動車
5位 豊田自動織機
6位 朝日大学
7位 千葉県選抜
8位 JR北海道(※今大会は欠場)

個人表彰

男子

最高殊勲選手賞:田中佑汰
優秀選手賞:曽根翔
優秀ペア賞:田中佑汰・木造勇人
新人賞:遠藤竜馬(日野自動車キングフィッシャーズ)
ファインプレー賞:船本将志(日野自動車キングフィッシャーズ)

女子

最高殊勲選手賞:石川佳純
優秀選手賞:鈴木李茄
優秀ペア賞:宋恵佳・成本綾海(中国電力)
新人賞:松本静香(十六銀行)
ファインプレー賞:小脇瑞穂(百十四銀行)

団体表彰

女子

ジャンプアップチーム賞:百十四銀行

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)