2年ぶりのインカレ開催 男女96チームが大学卓球の頂点目指す<全日本大学総合卓球選手権>

<第90回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 7月1日〜4日 場所:島津アリーナ京都>

7月1日から全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部(以下、インカレ)が京都で開幕する。昨年は新型コロナウイルスの流行により中止を余儀なくされたが、今年は感染対策を徹底した上での開催となる。第90回という節目にどの大学がインカレを制するのか注目だ。

全日本大学総合卓球選手権大会とは?

全日学は個人の部と団体の部からなり、例年、個人の部は10月頃、団体の部は6月頃に行われる。個人・団体ともに地域ごとの予選を通過した選手のみが参加できる。

団体の部はインカレとも呼ばれ、男女ともに4シングルス1ダブルスの3本先取の形式で戦う。大学生選手にとって、各地域ごとのリーグ戦と並ぶ重要な大会だ。

今年は、全選手の健康チェックを大会2週間前から行う。また、無観客での試合となるが、ラボライブ(LaboLive)で配信される。1日から2日にかけて予選リーグを行ったうえで抽選を行い、決勝トーナメントの組み合わせを決定する。

男子見どころ

田中佑汰
写真:田中佑汰(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

男子の優勝候補の筆頭に挙げられるのは愛知工業大学。先日のアジア選手権選考会で代表権を獲得した木造勇人や、2021年の全日本選手権で丹羽孝希(スヴェンソン)を破り男子シングルスベスト4に入った田中佑汰をはじめ日本を代表する選手が集う。

前期日本卓球リーグでは実業団に交じって1部リーグを戦い抜き、リーグ優勝を果たすなどまさに今勢いに乗るチームだ。インカレでもその活躍は見逃せない。

写真:宇田幸矢/撮影:ラリーズ編集部
写真:宇田幸矢/撮影:ラリーズ編集部

愛知工業大と同じく優勝候補の1つに挙げられるのが明治大学だ。こちらもアジア選手権の代表権を獲得した戸上隼輔や、東京五輪のリザーブ選手となった宇田幸矢、先日の関東学生新人戦で優勝した宮川昌大など学生卓球の最前線を走る選手がそろったチームだ。

他にも、国公立でトップクラスの実力をもつ高知工科大学や新潟大学、インカレ予選で急成長の結果を見せた大阪成蹊大学や埼玉大学が予選リーグに挑む。また、手塚崚馬(明治大)や曽根翔(愛知工業大)、天野一樹(関西学院大)ら新人勢の起用にも注目だ。

女子見どころ

出澤杏佳
写真:出澤杏佳(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

群雄割拠の女子の優勝候補に挙げられるのは専修大学だ。先日の関東学生新人戦で優勝したルーキーの出澤杏佳、Tリーグでも活躍していた木村香純らをそろえ、着実に実力をつけてきているチームだ。平成27年度大会以来4大会ぶりの優勝を狙う。

杉田陽南
写真:杉田陽南(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

早稲田大も優勝候補の1つとして挙げられる。エースの笹尾明日香や里川奈優らに加え、1年生の杉田陽南、顧琳?が選手として登録された。平成28年度から3連覇を成し遂げてきた強豪が再び優勝に返り咲くのか。

他にもTリーガーを多く輩出している中央大学や前回大会優勝の愛知工業大学が優勝を目指す。また、競技部ではなく一般部から初出場を決めた明治大学や、関西学生リーグ2部から出場を決めた大阪成蹊大学や千里金蘭大学の活躍にも目が離せない。各大学の新人選手の起用にも注目だ。

男子予選リーグ組み合わせ

Aブロック

愛知工業大
東京経済大
大阪成蹊大

Bブロック

筑波大
高知工科大
愛知大

Cブロック

関西学院大
慶應義塾大
東北福祉大

Dブロック

専修大
中京学院大
熊本学園大

Eブロック

中央大
八戸工業大
山口大

Fブロック

日本体育大
龍谷大
岡山大

Gブロック

法政大
近畿大
岡山商科大

Hブロック

埼玉工業大
大阪経済法科大
新潟医療福祉大

Iブロック

早稲田大
同志社大
札幌国際大

Jブロック

立命館大
大正大
松山大

Kブロック

朝日大
國學院大
関西大

Lブロック

駒澤大
西日本工業大
神奈川大

Mブロック

日本大
札幌大
東日本国際大

Nブロック

新潟大
中京大
帝京大

Oブロック

明治大
鹿児島国際大
埼玉大

Pブロック

福岡大
北陸大
東洋大

女子予選リーグ組み合わせ

Aブロック

愛知工業大
東京女子体育大
岡山大

Bブロック

東洋大
愛知大
熊本学園大

Cブロック

中央大
中京学院大
京都産業大

Dブロック

青山学院大
金城大
東北学院大

Eブロック

専修大
高知工科大
中部大

Fブロック

淑徳大
福岡大
千里金蘭大

Gブロック

関西学院大
青森大
日本女子体育大

Hブロック

日本大
龍谷大
立教大

Iブロック

東京経済大
大阪成蹊大
札幌国際大

Jブロック

早稲田大
立命館大
札幌大

Kブロック

神戸松蔭女子学院大
大正大
広島大

Lブロック

朝日大
東京富士大
松山大

Mブロック

同志社大
中京大
明治大

Nブロック

日本体育大
東北福祉大
志學館大

Oブロック

國學院大
関西大
文教大

Pブロック

筑波大
新潟大
岡山商科大学

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)