石川・平野、強敵の潜む山に 決勝での日本勢対決なるか<世界卓球2021女子複見どころ>

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

23日(日本時間24日未明)からアメリカ・ヒューストンにて1年越しの世界選手権(世界卓球2021)が開幕する。日本代表から女子ダブルスには、伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアと、石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアの2組が参戦する。

世界選手権(世界卓球)とは

世界選手権は、五輪・ワールドカップと並んで卓球の3大大会と呼ばれる大会の1つである。個人戦と団体戦が毎年交代で行われており、今年は個人戦の部がアメリカのヒューストンにて開催される。

個人戦は男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスの全5種目で行われ、各国から選抜された代表選手が優勝を目指す。

女子ダブルス見どころ

孫穎莎、王曼c
写真:孫穎莎(スンイーシャ)・王曼c(ワンマンユ・中国)/提供:ittfworld

女子ダブルスの優勝候補として呼び声高いのは孫穎莎(スンイーシャ)/王曼c(ワンマンユ・中国)ペアだ。2選手とも東京五輪に出場し、決勝で日本代表に勝利して連覇を成し遂げている。2選手は男子選手並みの攻撃力を持ち、超攻撃的なラリーを展開する。石川/平野ペアの山に入っており、日本勢は要注意だ。

申裕斌/田志希
写真:申裕斌(シンユビン・写真左)/田志希(チョンジヒ)/提供:ittfworld

他にも、申裕斌(シンユビン)/田志希(チョンジヒ・韓国)ペアや、シャン・シャオナ/ペトリッサ・ゾルヤ(ドイツ)ペアと連携力のあるペアが出場している。また、中国からは陳夢(チェンムン)/銭天一(チェンティエンイ・中国)ペアと新たなペアも登場。果たして優勝を飾るのはどのペアか。

日本代表ペア

伊藤美誠(スターツ)・早田ひな(日本生命)

写真:世界卓球2019表彰式での早田ひな(写真左)、伊藤美誠(写真右)/撮影:なかしまだいすけ/アフロ
写真:世界卓球2019表彰式での早田ひな(写真左)、伊藤美誠(写真右)/撮影:なかしまだいすけ/アフロ

日本代表の2組のペアも優勝候補として挙げられる。伊藤/早田ペアは2017年大会で3位、2019年大会で準優勝と着実に実力を挙げている。コロナ禍でダブルスを組むことが少なかった2選手だが、シングルスで身につけてきた新たな実力で中国ペアに勝利し、優勝を掴み取ることができるのか。1回戦から出場する伊藤/早田ペアに注目だ。

石川佳純(全農)・平野美宇(日本生命)

写真:石川佳純・平野美宇/提供:ittfworld
写真:石川佳純・平野美宇/提供:ittfworld

一方、石川/平野ペアもまた様々な国際大会での優勝や、東京五輪の団体での活躍もあり一気に成長してきた。石川/平野ペアは勝ち上がると準々決勝で孫穎莎/王曼cペアと対戦する組み合わせとなった。中国ペアに勝利して決勝での日本勢対決が実現するか見物だ。

日本代表 1回戦組み合わせ

伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命) ? オードリー・ザリフ/マリー・ミゴット(フランス)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)