張本智和/早田ひなペア、フルゲームで同士打ちを制す<世界卓球2021>

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

25日、世界選手権は3日目を迎え、混合ダブルス2回戦で張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアと宇田幸矢(明治大)/芝田沙季(ミキハウス)ペアが登場。ゲームカウント3-2で張本/早田ペアが勝利し、3回戦進出を決めた。

張本/早田ペアが同士打ちを制す

第1ゲームは、張本のサーブレシーブを宇田が仕留める展開がハマり、宇田/芝田ペアが制す。続く第2ゲームは、早田のフォアハンドでポイントを稼ぎ、張本/早田ペアが勝利。ゲームカウントを1-1とする。

張本智和/早田ひな
写真:張本智和(木下グループ)と早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

しかし、ここからシーソーゲームとなり、お互いに1ゲームずつ分け合う。迎えた最終第5ゲームは、序盤から早田が積極的な回り込みでペースを掴み、先に5ポイントを先取してチェンジコート。宇田/芝田ペアもなんとか反撃に出たいところだったが、調子を上げてきた早田と張本の攻撃に対応できず、そのままゲームセット。張本/早田ペアが、苦しみながらも勝利し、3回戦に駒を進めた。

混合ダブルス2回戦

宇田幸矢/芝田沙季
写真:宇田幸矢(明治大)と芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

〇張本智和/早田ひな 3-2 宇田幸矢/芝田沙季
4-11/11-5/7-11/11-6/11-5

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)