張本美和、出場全種目優勝の4冠達成 U15で日本勢の活躍光る<卓球・世界ユース選手権>

<世界ユース選手権 日時:12月2日〜8日 場所:ポルトガル、ビラ・ノバ・デ・ガイア>

8日、世界ユース選手権は最終日を迎え、全種目の試合が終了した。

男子団体

向鵬(シャンパン・中国)
写真:向鵬(シャンパン・中国)/提供:WTT

U19の男子団体を制したのは中国だ。1回戦、準々決勝と危なげなく勝ち進むと、準決勝の日本戦では篠塚大登(愛工大名電高)と向鵬(シャンパン・中国)が互角の勝負を繰り広げるも、中国が3本先取して決勝へ。ロシアとの決勝でも3-0で勝利し、1本も落とさずに優勝をつかみ取った。

VINOGRADOV Roman(ロシア)
写真:VINOGRADOV Roman(ロシア)/提供:WTT

U15の男子団体ではロシアが優勝した。準々決勝でインドとラストまで及ぶ大熱戦を制すと、準決勝でポルトガルに快勝、決勝でもVINOGRADOV Roman(ロシア)中心に勝ち星を挙げ、アメリカに3-1で勝利した。

女子団体

小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)
写真:小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)/提供:WTT

U19の部では中国が優勝を飾った。準決勝の日本戦では小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)がトップで陳?(チェンイー・中国)に勝利するも、?曼(クワイマン・中国)が木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)に競り勝つと後2本も中国代表が勝ち取った。決勝のアメリカ戦でも危なげなく勝利しての優勝となった。

小塩悠菜(JOCエリートアカデミー/星槎)
写真:小塩悠菜(JOCエリートアカデミー/星槎)/提供:WTT

U15の部では日本が優勝を果たした。準々決勝、準決勝と張本美和(木下アカデミー)が2点取りの活躍を見せて決勝へ進出。決勝のロシア戦では、張本の他、小塩悠菜(JOCエリートアカデミー/星槎)、鈴木美咲(山陽学園中)が勝ち星を挙げてストレートで優勝を決めた。

U19個人の部

写真:向鵬(シャンパン・中国)/提供:WTT
写真:向鵬(シャンパン・中国)/提供:WTT

男女シングルスはともに中国代表が優勝を勝ち取った。男子では向鵬が全試合を通して失ゲーム数3と圧巻の強さを見せつけた。

?曼(クワイマン・中国)
写真:?曼(クワイマン・中国)/提供:WTT

女子では?曼が小塩、木原に勝っての優勝となった。決勝の木原との試合では後半から木原が追い上げるも?曼が逃げ切る形で4-3で勝利した。

篠塚大登、木原美悠
写真:篠塚大登/木原美悠ペア/提供:WTT

男子ダブルスはウラジミール・シドレンコ/Maksim GREBNEV(ロシア)が優勝、女子ダブルスでも呉洋晨(ウーヤンチェン)/?曼(中国)が優勝を飾っている。混合ダブルスでは篠塚/木原ペアが、向鵬/?曼との3度のデュースを含む大熱戦の末、3-2で勝利し優勝を飾った。

U15個人の部

松島輝空(JOCエリートアカデミー/星槎)
写真:松島輝空(JOCエリートアカデミー/星槎)/提供:WTT

男子シングルスでは松島輝空(JOCエリートアカデミー/星槎)が制した。2回戦のIulian CHIRITA(ルーマニア)との試合ではフルゲームに及ぶ熱戦を繰り広げ、4-3で松島が勝ち切るとその勢いのまま決勝まで進み、決勝でも4-1で勝利して優勝を決めた。

張本美和
写真:張本美和/提供:WTT

女子シングルスでは張本が優勝を飾った。決勝までわずか1ゲームしかとられていない圧巻の強さを見せ、ハナ・ゴーダ(エジプト)との決勝でも後半から怒涛の追い上げを見せて4-2で勝利した。

松島輝空/張本美和
写真:松島輝空/張本美和ペア/提供:WTT

男子ダブルスでは松島がFelix LEBRUN(フランス)との国際ペアで優勝、女子ダブルスでも張本とハナ・ゴーダがペアを組んで優勝を飾っている。そして混合ダブルスでは松島/張本ペアが3ゲームしか落とさない完璧な勝ち上がりで優勝を飾った。

U15の部では日本代表が出場した全種目で優勝を飾っている。

U19日本代表 成績

男子団体

日本 ベスト4

女子団体

日本 ベスト4

男子シングルス

篠塚大登 初戦敗退

女子シングルス

木原美悠 準優勝
小塩遥菜 ベスト4

男子ダブルス

篠塚大登/STUMPER Kay(ドイツ) 準々決勝敗退

女子ダブルス

木原美悠/小塩遥菜 ベスト4

混合ダブルス

篠塚大登/木原美悠 優勝

U15日本代表 成績

女子団体

日本 優勝

男子シングルス

松島輝空 優勝

女子シングルス

張本美和 優勝

男子ダブルス

松島輝空/Felix LEBRUN(フランス) 優勝

女子ダブルス

張本美和/ハナ・ゴーダ(エジプト) 優勝

混合ダブルス

松島輝空/張本美和 優勝

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)