大藤沙月は3連覇狙う 世界ユース制した中学生にも注目<全日本卓球2022ジュニアの部>

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日〜30日 場所:東京体育館>

24日から卓球の日本一をかけた全日本選手権が開幕する。高校2年生までが出場するジュニアの部でも、男女ともに見応えある試合が多数予定されている。

ジュニア男子シングルス見どころ

ジュニア男子スーパーシード

図:ジュニア男子シングルススーパーシード8名/作成:ラリーズ編集部
図:ジュニア男子シングルススーパーシード8名/作成:ラリーズ編集部

ジュニア男子シングルスの優勝候補の筆頭となるのは、愛工大名電高の選手だ。

写真:鈴木颯(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部
写真:鈴木颯(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

篠塚大登や谷垣佑真、前回大会優勝のM田一輝は高校3年生のためこの種目には出場しないが、前回準優勝の鈴木颯、2020年大会優勝の吉山僚一らがスーパーシードから登場し、優勝を狙う。

写真:高橋航太郎(実践学園)/撮影:ラリーズ編集部
写真:高橋航太郎(実践学園)/撮影:ラリーズ編集部

名電勢の対抗馬となるのは、飯村悠太(野田学園高)、高橋航太郎(実践学園高)といったインターハイ上位進出者だ。飯村はインターハイでM田に勝利しベスト8、高橋はインターハイ男子シングルスで名電勢以外唯一のベスト4に入ったこともあり、名電超えが期待される。

松島輝空
写真:松島輝空(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

高校生だけでなく中学生にも注目だ。スーパーシード唯一の中学生である松島輝空(星槎中)は、全中優勝、世界ユース選手権でも出場したU15の全種目を制覇している。前回大会ベスト8、一般でも3回戦進出している怪物が、ジュニア男子制覇となるか。

吉山和希
写真:吉山和希/撮影:ラリーズ編集部

全中ベスト4に入った吉山和希(愛工大名電中)、坂井雄飛(愛工大名電中)、薜大斗(遊学館ジュニア)も外シードから上位進出を目指す。

ジュニア女子シングルス見どころ

ジュニア女子スーパーシード

図:ジュニア女子シングルススーパーシード8名/作成:ラリーズ編集部
図:ジュニア女子シングルススーパーシード8名/作成:ラリーズ編集部

ジュニア女子シングルス注目は3連覇を狙う大藤沙月(四天王寺高)だ。

写真:大藤沙月(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部
写真:大藤沙月(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

前回大会では準々決勝から3連続の同士討ちを制したほか、一般女子シングルスでも6回戦で早田ひな(日本生命)とフルゲームの接戦を繰り広げている。ジュニア女子の3連覇以上は石川佳純(全農)以来となり期待がかかる。

白山亜美
写真:白山亜美(明徳義塾)/撮影:ラリーズ編集部

大藤の他にも、インターハイ優勝の横井咲桜や面田采己、原芽衣と四天王寺勢がスーパーシードに登録されており、ジュニア女子制覇に挑む。また、インターハイでも活躍していた白山亜美(明徳義塾中・高)、青井さくら(明徳義塾中・高)、赤江夏星(香ケ丘リベルテ高)らが四天王寺の牙城を崩せるかどうかにも注目だ。

木原美悠
写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)/撮影:ラリーズ編集部

世界ユース選手権で活躍していた木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)はスーパーシードでの登場となる。小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)とともにU19の部で上位入賞を果たしているが、エリアカ組が優勝をつかみ取ることができるのか。

張本美和
写真:張本美和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

一方、小塩の山には、世界ユースU15の部で全種目制覇、同世代に敵なしの張本美和(木下アカデミー)がいる。順当にいけば4回戦で小塩と張本が対決することとなり、この直接対決も注目が集まる。他、全中準優勝の篠原夢空(貝塚第二中)や吉本はな(貝塚第二中)、鈴木美咲(山陽学園中)ら中学生の活躍にも目が離せない。

試合配信スケジュール

今年の全日本選手権では「卓球TV」を通して全試合がライブ配信される。また、男女ダブルス決勝、男女シングルス決勝が行われる29日と30日にはNHKにてテレビ放送、インターネット配信でも「卓球TV」に加えてスポーツナビでもライブ配信が行われる。

テレビ放送

1月29日(土)NHK BS1
1月30日(日)NHK 総合

インターネット配信

1月24日(月)〜30日(日) 卓球TV

1月29日(土)、30日(日) スポーツナビ(ライブ配信)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)