吉村/鈴木ペア、苦しみながらも逆転勝利で決勝進出<全日本卓球2022混合複準決勝>

吉村/鈴木ペア、苦しみながらも逆転勝利で決勝進出<全日本卓球2022混合複準決勝>

吉村/鈴木ペア、苦しみながらも逆転勝利で決勝進出<全日本卓球2022混合複準決勝>の画像

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日〜30日 場所:東京体育館>

27日、全日本卓球選手権は4日目を迎え、混合ダブルス準決勝が行われた。

吉村真晴(愛知ダイハツ)/鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)ペアは田添健汰(木下グループ)/張本美和(木下アカデミー)ペアと対戦。先に2ゲームを奪われる展開となるも逆転し、決勝進出を決めた。

また、張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアは、宇田幸矢(明治大)/木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)ペアを3-1で下し、目標の優勝まであと1勝とした。

混合ダブルス準決勝結果

田添健汰(木下グループ)/張本美和(木下アカデミー)2-3 吉村真晴(愛知ダイハツ)/鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)〇
〇張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)3-1 宇田幸矢(明治大)/木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

混合ダブルス決勝組み合わせ

吉村真晴(愛知ダイハツ)/鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)- 張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)