3種目出場の早田ひな「足がさすがにプルプル」も本日4戦4勝フィニッシュ<全日本卓球2022>

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日〜30日 場所:東京体育館>

27日、全日本卓球選手権は4日目を迎え、女子シングルス4回戦に早田ひな(日本生命)が登場し、赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)をゲームカウント4-2で下し、5回戦進出を決めた。

また、早田は本日、張本智和(木下グループ)と組んだ混合ダブルスで優勝、伊藤美誠(スターツ)と組んだ女子ダブルスでは4回戦を突破している。

試合後、早田は報道陣の質問にオンラインで答えた。

早田ひなコメント

写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

混合ダブルス優勝までの振り返り

いつ負けてもおかしくない試合ばかりだったからこそ、準決勝、決勝ではお互いを信じてプレーをすることができました。

レベル的には日本代表の選手で両方強かったんですけど、自分たちらしくプレーして優勝できたので良かったです。

決勝戦の吉村真晴/鈴木李茄戦について

写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部

吉村選手はミックスで世界選手権金メダル獲ってたりとか、日本代表でミックスダブルスの結果をすごく出していた選手なので、そういった選手と試合ができるのは嬉しかったです。

吉村選手のアップダウンサービスを試合で取ることができて、なかなかレシーブはできなかったんですけど、そういう選手と試合できて良かったです。

サービスが上手いということで、張本選手とサービス・レシーブをしっかり話し合って、ラリーに繋げることができて良かったです。

世界選手権銀メダル獲得後でプレッシャーはあった?

プレッシャーはお互いなかったと思うんですけど、向かってくる選手が多かったので、自分たちを見失わずプレーできたのが、今回の勝因なのかなと思います。

写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

シングルスについて

初めて経験したことなんですけど、混合ダブルスが終わって表彰式があって、シングルスの練習が5分できたかできないかくらいで表彰式に呼ばれて、表彰式が終わったころにはラケット提出という流れでした。

ずっと気が張ってる状況から(表彰式で)一度抜けて、そこから持ち直すのがすごく難しかったなと思いますし、体力的にも4試合続いていたので、本当に足がさすがにプルプルしてたんですけど、勝ち切れて良かったです。

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

自身初のミックスのタイトルを獲れたこと

ここ数年ミックスダブルスの全日本には出場していなかったので、久々に全日本で男子選手のボールを取ったり、吉村選手みたいに世界で戦っている選手と対戦で来たり、いろんな経験をして掴み取った優勝だったので、嬉しい気持ちもありました。

世界選手権銀メダリストとして挑んだ全日本でしっかり優勝することができて良かったと思います。

写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス4回戦

写真:赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高/撮影:ラリーズ編集部
写真:赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高/撮影:ラリーズ編集部

〇早田ひな(日本生命) 4-2 赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)
11-5/11-3/8-11/9-11/11-2/13-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)