混合複でまず1冠の張本智和 3冠に向け「少しずつ状態が上がっている」<全日本卓球2022>

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日〜30日 場所:東京体育館>

27日、全日本卓球選手権大会は4日目を迎え、男子シングルス4回戦が行われた。張本智和(木下グループ)は、加山裕(日本大)をゲームカウント4-1で勝利し、5回戦に駒を進めた。

また、張本は本日男子ダブルスで4回戦を勝利、混合ダブルスで優勝を果たしている。

試合後、張本は報道陣の質問にオンラインで答えた。

張本智和コメント

写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

シングルス振り返り

今日対戦した加山選手は中学時代のチームメートで、お互い手の内は知り尽くしているので、苦しい戦いにはなるとは思ってたんですけど、しっかりポイントの4ゲーム目を取り切れたので、今後の競り合いでも活きてくるのかなと思います。

写真:加山裕(日本大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:加山裕(日本大)/撮影:ラリーズ編集部

ダブルス振り返り

結構接戦で負けてもおかしくない試合だったんですけど、僕と森薗さんの実力でしっかりカバーできたかなと思います。だんだん相手が強くなってくるとカバーできない部分も出てくると思うので、そこは明日から修正が必要かなと思います。

混合ダブルス優勝について

初戦から苦しい試合ばかりでストレート勝ちが一度もなくて、本当に耐えて耐えてその先に掴んだ優勝だと思うので、実感はなくて苦しかったなという印象が強いです。早田選手や石田コーチに感謝したいと思います。

混合複では妹の張本美和との対決は実現ならなかったが

表彰式のときにあって、一緒に記念撮影はしました。

決勝では戦えなかったですけど、中1で田添選手と一緒に銅メダル獲れたというのは本当に素晴らしいと思います。

まずは混合で1冠。シングルスと男子ダブルスに向けて

今日の混合の準決勝から少しずつ状態が上がっているのを感じているので、あとは体力勝負。しっかり寝て、しっかりご飯を食べて、最終日まで持つようにしっかりケアに努めたいと思います。

男子シングルス4回戦

〇張本智和(木下グループ) 4-1 加山裕(日本大)
11-7/11-3/8-11/13-11/13-11

男子ダブルス4回戦

〇張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON) 3-1 吉田海斗/吉田聖斗(専修大)
10-12/11-9/12-10/11-7

混合ダブルス

準決勝

〇張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)3-1 宇田幸矢(明治大)/木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)
11-5/11-8/8-11/11-9

決勝

〇張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命) 3-1 吉村真晴(愛知ダイハツ)/鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)
12-10/8-11/11-9/11-7

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)