吉村真晴、ベスト4進出 好調の要因の1つは「水谷さんのアドバイス」<全日本卓球2022>

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日〜30日 場所:東京体育館>

29日、全日本卓球選手権は6日目を迎え、男子シングルス準々決勝に吉村真晴(愛知ダイハツ)が登場し、松下大星(クローバー歯科カスピッズ)をゲームカウント4-1で下し、準決勝進出を決めた。準決勝では松平健太(ファースト)との対戦が決まっている。

試合後、吉村真晴が報道陣の質問にオンラインで答えた。

吉村真晴インタビュー

写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

準々決勝振り返り

全体的にサービス、レシーブが効いていましたし、良い流れで3ゲーム目までいけていたんですけど、4ゲーム目以降少し気が緩んだ部分もあって、相手につけいる隙を与えてしまったので、そういう部分はもう一度気を引き締め直す必要があるなと思っています。

勝ち進めている要因は?

自分と向き合うことができていますし、周りがどうこうというよりも自分がどうしたいかだけに専念して、それがプレーにも良い影響が出ていて良いパフォーマンスができています。

いろんな人が支えてくれて、全日本卓球選手権の舞台に立つことができて、そういった仲間と一緒にここに来て、本当に楽しく戦うことができているかなと思います。

この全日本の前にもインスタライブで水谷さんとコラボして、水谷さんに「全日本で勝つために必要なことは何ですか?」と質問したりしてアドバイスいただいてるので、色んな人のアドバイスや一言が自分の中で響いているので、今回はそれが結果に結びつけられています。

写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

松平健太との準決勝に向けて

久しぶりの最終日ですし、お客さんの皆さんの前でプレーできることは非常に嬉しいことなので、まずは明日の準決勝非常に楽しみにしています。

健太さんとは何回もやっている仲ですし、お互いに手の内を知っているので、いかに少し変化を加えるかがポイントになってくると思うので、しっかり作戦を練って、自分でどうしていくかを考えて、一本一本全力で打ち込んでいきたいと思います。

若手の台頭する中で今回松平健太、丹羽孝希と長くナショナルチームでともに戦った選手がベスト4に入ったことについて

非常に嬉しいですね、懐かしいというか。

僕も28歳になりましたしベテランの域になってますけど、自分の中ではまだまだ若手という気持ちで頑張っていきたいと思っています。

健太さんもそうだし、孝希もそうだし、それぞれが自分なりに思いを持って全日本に向かっていると思うので、誰の気持ちが一番強いのかというところもこの全日本の頂点に立つのに必要だと思ってるので、そこで自分が一番だと思って戦っていきたいと思います。

フォアハンドの決定率も高いが要因は?

高校生の全日本で優勝した時は、両ハンド振ってイケイケでやってきて、その分ミスは多いんですけど怖さはあった。

そういったものをもう一度思い返す形で練習には取り組んできていて、昔に比べると全体的に技術力は上がってきましたし、そういうパワー系を増やしてもミスは少なくなってきてますし、それが結果にも繋がってきているかなと思います。

男子シングルス準々決勝

写真:松下大星(クローバー歯科カスピッズ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:松下大星(クローバー歯科カスピッズ)/撮影:ラリーズ編集部

〇吉村真晴(愛知ダイハツ)4-1 松下大星(クローバー歯科カスピッズ)
11-7/11-7/11-9/7-11/15-13

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)