早田/伊藤ペアが4連覇 最終日、男女単で新王者誕生なるか<全日本卓球2022・6日目>

<2022年全日本選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日〜30日 場所:東京体育館>

29日、全日本選手権は6日目を迎え、男女シングルスの準々決勝、男女ダブルスの決勝戦が行われた。

男女ダブルス総括

男子ダブルス決勝

戸上宇田
写真:宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス決勝には宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大)ペアと張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON)ペアが登場した。宇田/戸上ペアは準決勝で実業団ペアに3-2で粘り勝ちをして決勝に進出、張本/森薗ペアは準決勝の相手が棄権となり不戦勝で決勝に進んだ。

森薗/張本
写真:張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

世界選手権の再来となったこの試合では、張本/森薗ペアが先2ゲームを奪い優勝に王手をかけた。しかし、宇田/戸上ペアが徐々に調子を上げて得点を重ね、2ゲームを取り返して最終ゲームへ。宇田/戸上の攻めの姿勢が功を奏し、3-2で宇田/戸上ペアが初優勝を飾った。

女子ダブルス決勝

伊藤早田
写真:早田ひな(日本生命)/伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルス決勝には4連覇を狙う早田ひな(日本生命)/伊藤美誠(スターツ)ペアと、今大会で引退を表明した宋恵佳/成本綾海(ともに中国電力)ペアが登場。宋/成本ペアは準決勝で石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアが棄権したため不戦勝となった。

宋成本
写真:宋恵佳/成本綾海(ともに中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

試合は宋/成本ペアが序盤にリードするも早田/伊藤ペアが逆転して取る展開が続いた。宋のフリックで流れを掴んだ中国電力ペアが1ゲームを取るも、早田/伊藤ペアが要所で得点につなげ、3-1で早田/伊藤ペアが4連覇を達成した。

男女シングルス総括

男子シングルス

写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス準々決勝には吉村真晴(愛知ダイハツ)と松下大星(クローバー歯科カスピッズ)が登場。吉村が3ゲームを連取してベスト4進出に王手をかけた。松下も1ゲームを取り返し挽回を図るが、第5ゲームのデュースを吉村が取り切り、4-1で準決勝進出を決めた。

戸上隼輔
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

また、戸上は上田仁(T.T彩たま)と対戦。第2ゲームの激闘を戸上が19-17で制すと、その後は戸上が主導権を握り、4-0のストレートで勝利した。他、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)、松平健太(ファースト)がそれぞれ勝利し準決勝へと駒を進めた。

女子シングルス

木原美悠
写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス準々決勝では、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)が佐藤瞳(ミキハウス)と対戦した。佐藤が先に3ゲームを連取し準決勝進出に王手をかけるが、木原が怒涛の反撃で3ゲームを取り返し最終ゲームへ。3度のデュースを含んだ大熱戦は木原が制し、試合後に涙を浮かべた。

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

また、早田は同じ左腕の長ア美柚(日本生命)と対戦し、4-1で勝利を挙げた。他、伊藤がバック表の木村光歩(中国電力)に4-1、加藤美優(日本ペイントマレッツ)は大藤沙月(四天王寺高)に4-2で勝利し、準決勝に進んだ。

大会最終日となる30日には、男女シングルスの準決勝と決勝戦が行われる。また、29日と30日の2日間は有観客試合となる。

最終日見どころ

男子シングルス

写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部
写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス準決勝では戸上が丹羽と対戦する。男子4強で唯一決勝に進んでいない戸上が、五輪代表の丹羽をどのように攻略するのか、または丹羽が五輪代表の意地を見せつけるのか。2020年大会では準々決勝で対戦し戸上が勝利をしている。果たして今回はどちらが勝つか、注目の試合だ。

松平健太
写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

もう一方の準決勝では、松平と吉村が対戦する。全日本では平成23年度大会の準決勝で対戦し、その時は吉村が4-1で勝利し、そのまま優勝を飾っている。松平は初の優勝を目標に吉村に勝利なるか。それとも吉村が優勝時のイメージで向かってくるのか。こちらも目が離せない。

女子シングルス

伊藤美誠
写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス準決勝では、伊藤が木原と対戦する。平成30年度大会の決勝と同じカードとなる。当時は伊藤が4-1で勝利しているが、今回は木原もジュニアで優勝し、準々決勝でも大逆転勝利を飾っていて侮れない。伊藤は2連続の表ソフト対決となるが、優勝に向け勝利なるか。

加藤美優
写真:加藤美優(日本ペイントマレッツ)/撮影:ラリーズ編集部

もう一方では早田と加藤の対戦となる。全日本では直接の対戦はないが、今大会加藤は前回女王の石川を4-1で破ると、前回ジュニア女王の大藤にも勝利し今勢いに乗っている。早田がその流れを食い止めるのか、加藤が勢いに乗ったまま早田に勝利なるか。

最終日 試合予定

女子シングルス準決勝 10:30開始

第1コート 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) ? 伊藤美誠(スターツ)
第2コート 加藤美優(日本ペイントマレッツ) ? 早田ひな(日本生命)

男子シングルス準決勝 11:40開始

第1コート 丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス) ? 戸上隼輔(明治大)

第2コート 松平健太(ファースト)- 吉村真晴(愛知ダイハツ)

14:00開始

第1コート 女子シングルス決勝

15:00開始

第1コート 男子シングルス決勝

試合配信スケジュール

今年の全日本選手権では「卓球TV」を通して全試合がライブ配信される。また、男女ダブルス決勝、男女シングルス決勝が行われる29日と30日にはNHKにてテレビ放送、インターネット配信でも「卓球TV」に加えてスポーツナビでもライブ配信が行われる。

テレビ放送

1月29日(土)NHK BS1
1月30日(日)NHK 総合

インターネット配信

1月24日(月)〜30日(日) 卓球TV

1月29日(土)、30日(日) スポーツナビ(ライブ配信)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)