新時代の幕開け 戸上隼輔、初優勝で単複2冠<全日本卓球2022>

<2022年全日本選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日〜30日 場所:東京体育館>

30日、全日本選手権は最終日を迎え、男子シングルス決勝が行われた。

決勝には松平健太(ファースト)と戸上隼輔(明治大)が登場。ノーシードから勝ち上がってきた松平は、準決勝で吉村真晴(愛知ダイハツ)を、対する戸上は準決勝で東京五輪代表の丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)を倒して勝ち上がってきた。

松平
写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

20歳の戸上と30歳の松平は、共に日本代表に選出されたことのある実力者。決勝戦に相応しい好カードとなったこの試合は、松平の鉄壁のブロックと戸上の鋭い両ハンド攻撃のぶつかり合いに。一進一退の攻防が続くが僅かに戸上が松平を上回り、ゲームカウント4-2で勝利。男子シングルス悲願の初優勝を果たし、男子ダブルスと合わせて2冠を達成した。

男子シングルス決勝

松平健太(ファースト)2-4 戸上隼輔(明治大)〇
9-11/12-10/7-11/11-8/6-11/6-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)